妊活中から妊娠中、そして授乳期に至るまでの様々な悩みを解決!元気な赤ちゃんを産むための妊婦さん専用サイトです。

【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト

部位

妊娠中の正中線はいつから出る?そしていつから消える?

投稿日:2016年12月8日 更新日:

685-1

妊娠で大きくなったお腹を鏡に映して見る人はたくさんいますよね。そのときにおへその上下に縦の線ができていることに気付くことも多いはず。

これは「正中線」と言われ、妊娠特有の生理現象の一つです。正中線はいつできていつ消えるのか、そして正中線を消す方法をご紹介しましょう。

おへその下の正中線、妊婦だけの特徴?

685-2

正中線ができるのは妊婦さんだけではありません。

実は男女ともに生まれたときからもっています。お母さんのおなかの中にいるとき、赤ちゃんは細胞分裂を繰り返してヒトの形になります。体の中央あたりにはその細胞分裂の名残が残りやすく、鼻の下にある筋やあごの割れ目なども細胞分裂の痕跡になります。正中線もそのうちの一つなのです。

妊娠すると正中線がはっきり現われてくるのはなぜ?

685-3

生まれながらに持っている正中線ですが、『妊娠する前はおなかに縦の線なんてなかった』という人がほとんどです。では、どうして妊娠すると正中線が目に見えてハッキリ出てくるのでしょうか?

メラニン色素が増えるため

妊娠すると女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが多く分泌されます。これらの女性ホルモンが色素細胞であるメラノサイトを刺激し、メラニン色素がたくさん生成されます。そしてメラニン色素の影響で皮膚に色素沈着が起こり、正中線も濃くなって目立つようになるのです。

ほかにも、お腹が大きくなることで皮膚が引っ張られて薄くなり、正中線が目立ちやすくなるという理由もあります。

体の黒ずみは正中線だけではなく、わきの下や乳首、乳輪、外陰部などにも起こる場合があります。妊娠したらシミが目立つようになったという人もいますが、それもメラニン細胞の仕業です。

正中線と妊娠線は同じモノ?

正中線と妊娠線、実は全くの別モノなんです。正中線はメラニン色素の蓄積で現れるものですが、妊娠線は皮膚の組織が裂けて出来たもの。しかも、妊娠線は一度出来てしまうと完全に消すことは難しいです。ただし薄くすることはできるので、ずっと目立つ状態が続くわけではないので安心してくださいね。

妊娠すると出る正中線、いつからできて、いつ消える?

やっぱり気になるのは正中線がいつからできて、いつ消えてくれるのかですよね。気が付いたらいつの間にか正中線が出来ていたという場合もあるようです。一体どれくらいの期間現れるものなのでしょうか?

妊娠をしたら正中線は必ずできるの?

すべての妊婦さんに必ず正中線ができるとは限らないようです。メラニンの分泌量やお腹の大きさによっても正中線の濃さが変わるため、これは個人差が大きいようです。一目しただけでハッキリと分かるくらい出ることもあれば、うっすらとしか現れなかったり、なかには全く現れなかったという人もいます。

正中線が出る時期は?いつきれいに消えるの?

正中線の出る時期に関しては個人差があるものの、一般的には妊娠6か月目あたりの20週ころに現れることが多いようです。人によっては妊娠5か月目である16週から出る人もいれば、妊娠3か月ごろには出ていたという人もいましたよ。 

正中線が消えるタイミングも個人差があるため、はっきりとした時期は分かりません。ただ、産後3か月ごろにだいぶ薄くなり、半年くらい過ぎたころには消えていることが多いようです。なかには正中線が消えるまでに1年以上かかったという人もいます。

妊娠後に出る正中線と胎児の性別・成長に関係アリ?

正中線の濃さによって性別が分かるという話を聞いたことがありますか?

『正中線が濃く(黒く)くっきりと出るとお腹のなかの赤ちゃんは男の子、あまり目立たなければ赤ちゃんは女の子』というジンクスがあるのだそうです。

『正中線がまっすぐなら男の子、途中で曲がっているなら女の子』というジンクスもあるようですね。

正中線のジンクスには医学的な根拠はないので、正中線の出方によって本当に性別が分かるかどうかは定かではありません。まだエコーがなかった時代に出来たジンクスなので、話のネタとしてみんなで楽しむのも良いかもしれませんね。「もし男の子だったら…」「女の子だったら…」と想像を膨らませながら夫婦や家族で話せたらきっと幸せな時間になりますよ。

妊娠後にできる正中線、予防と消し方はアル?

685-4

正中線が出来てしまうのはしょうがないとしても、できれば早く消えてほしいですよね。特に水着を着る夏の時期はその思いは一層強いかもしれません。正中線の予防方法や出来てしまった時の有効な消し方がないか調べてみました。

正中線の予防方法

正中線は女性ホルモンの影響で現れやすくなりますが、ホルモンバランスを変えることはできません。また、妊娠すると肌あれを起こしやすくなり、乾燥やシミ、ニキビなどに悩まされがちです。ビタミンCを積極的に摂取してビタミンバランスを整えることでメラニン色素の活動を抑えることができますよ。

濃い正中線を早く消したい!消し方はある?

出来てしまった正中線を消したいなら、ビタミンCやビタミンAを積極的に摂取するのがおススメです。ビタミンCはメラニン色素の働きを抑える効果があり、ビタミンAには皮膚の乾燥を防ぎ、新陳代謝を促す効果があります。新陳代謝が活発になることで肌のターンオーバーが正常に機能し古い角質が剥がれ落ちるので、正中線を徐々に薄くすることができます。

ビタミンCはパプリカやパセリ、芽キャベツ、にがうりなどに多く含まれていて、ビタミンAは鶏レバーやうなぎ、ホタルイカ、卵などから摂取することができます。

ほかには皮膚は摩擦による刺激によってもメラニン色素が沈着します。肌を刺激から守り、保護するのも良いでしょう。1年以上たっても消えない場合にはレーザー治療をするという方法もあります。美容外科や形成外科で治療を受けることができますが、保険適用外のため費用は高額になります。治療費についてよく聞いてから検討すると良いかもしれませんね。

プレママへ、正中線ができるのは赤ちゃんの為かも!?

685-5

正中線の予防にビタミンCなどが効果的と分っていても、つわりがきつくて食べ物を受け付けないという人もいるでしょう。そこでつわりの時期にできる正中線予防法をご紹介します。メラニン色素の持つ赤ちゃんへの役割についても調べてみました。

つわりの時期にできる正中線対策法

つわりの影響からビタミンC・Aを食べ物から摂取するのは難しいという人もいるでしょう。その場合には、ビタミンC誘導体などが含まれているクリームやオイルを使用するのがおススメです。肌の保湿をしっかりと行うことで、ターンオーバーが促されて正中線が濃くなるのを防ぐことができます。

つわりの時期が過ぎたら食事の際にビタミンC・Aを摂取できる食べ物を積極的に摂り入れましょう。体の外側と内側両方からアプローチすることでより効果的に正中線対策をすることができますよ。

メラニン色素は赤ちゃんのために必要不可欠!?

正中線を見ているとメラニン色素の存在を厄介に感じてしまいそうですが、実は赤ちゃんのためには必要不可欠だという話があります。メラニン色素の影響で乳首や乳輪も黒ずんでくることはよく知られていますね。

産まれたばかりの赤ちゃんをママのお腹に乗せると、目があまり見えないにも関わらず自力でおっぱいを見つけます。これは黒っぽくて丸い形の場所を乳首の場所だと認識しているためなのだとか。乳首のにおいで探し当てるとも言われています。赤ちゃんがスムーズに授乳できるように、メラニン色素の働きが役立っているのです。くっきりと出る正中線も赤ちゃんへの道しるべなのかも…?

 輪や乳首が黒ずむのは赤ちゃんのためであるように、皮膚も赤ちゃんを守るために強くなろうと体毛を濃くします。正中線がくっきりと出るのも赤ちゃんのためにママの体が頑張ろうと変化している証なのかもしれませんね

 まとめ

685-6

妊娠によってそれまでほとんど目立たなかった正中線がハッキリと分かるようになり、複雑な気持ちになるプレママも多いかもしれません。正中線ができるのはホルモンバランスの影響からメラニン色素が刺激されて活発になることが原因ですが、出産後には徐々に薄くなり、最後にはほとんどの場合元に戻ります。少しでも早く消したいなら、ビタミンC・Aを積極的に摂り入れて、保湿を行うことが効果的です。

メラニン色素の働きで乳首や乳輪にも黒ずみが発生しますが、生まれたばかりの赤ちゃんにはおっぱいの目印になっているといわれています。正中線もまた赤ちゃんのために現れる体の変化の一つなのかもしれませんね。

元気な赤ちゃん生むために、お母さんが今しておくべき2つのコト


元気な赤ちゃんを生んだ、新ママたちが実践していた健康方とは。


-部位

Copyright© 【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.