妊娠週別に「症状」「よくある悩み」「心の持ち方」を解説した妊婦さん専用サイトです。

【プレママちぇっく!】妊娠週で分かる、悩みや症状、心構え

部位

妊娠中の肌荒れ解決!プレママにおすすめしたい美容法

投稿日:

p557-1

妊娠するとニキビができたりかゆみや乾燥など、肌荒れに悩むママは大勢います。

原因のひとつはホルモンの影響とよく聞かれますが、実際にはどのようなしくみで肌に変化が起きてくるのでしょう。

おなかに赤ちゃんがいる時の薬の選び方、おすすめのスキンケア方法などもご紹介します。

 

妊娠でおこる肌荒れ、その原因はホルモンバランスの乱れだけ?

p557-2

妊娠中は通常分泌されている女性ホルモン量が、一気に100倍にもなるといいます。

お肌の不調につながるはずだ…と何も手が出なくなりそうですが、他にも何か原因があるのでしょうか。

妊娠すると、ホルモンはどう変化する?

妊娠中に多く分泌されるのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)。肌に良くない影響を与えるのは後者のほうです。

そもそもこの二つは女性ホルモンと言われ、月経のリズムに合わせて交互に分泌されることが知られていますよね。

妊娠が成立するとその状態を保とうと黄体ホルモンのほうが優勢になります。胎盤を成長させたり、乳腺の発達をうながしたりといった出産に向けての体づくりを助長する訳ですね。

同時に卵胞ホルモンも分泌されてはいますが、ある時期までは黄体ホルモン分泌のほうが盛んなため、肌トラブルは継続しやすくなります。

つわりや睡眠不足がさらに肌を弱くしてしまう

ホルモンの変化に加え、妊娠中はさまざまな原因で肌荒れしやすい環境に置かれてしまうのも確か。

例えばつわりがあると食べられる物が決まってしまったり、栄養がなかなか摂れなくなってしまいがちに。それによって便秘や下痢に悩まされてしまうというのも一因です。

眠れない、寝つきが悪くなるということもありますが、寝不足は肌の状態を悪くしてしまいますよね。

さらに、精神的に不安定になることでのストレスなどが加わると血流が悪くなり、肌組織の再生を防いでしまうんです。

 

妊娠初期、ニキビ・乾燥・かゆみ肌をおこすホルモンバランスの仕組み

p557-3

妊娠中に分泌されるホルモンの中でも、肌に関係が深い黄体ホルモン、卵胞ホルモンについてくわしく見てみましょう。

また、特に症状が出やすいという箇所もあるようですよ。

黄体ホルモンは妊娠に不可欠!ただ肌荒れも…

黄体ホルモンは受精した卵を子宮内膜に定着させ、胎盤を完成させる働きがあります。その際、体に水分を溜めこもうとするのでむくみやほてりが出やすくなるようですね。

皮脂分泌も盛んになることからニキビなどもできやすくなります。

卵胞ホルモン美肌を招く?女性にうれしいことばかり

卵胞ホルモンは逆に、水分を充分に体内に取り込んでも肌のバリア機能を正常化させるので、明るさやハリなどをもたらす効果が。皮脂分泌は抑えられるのでニキビができにくくなり、髪の毛もツヤツヤになるという人もいます。

妊娠中は黄体ホルモンと同様に子宮内膜を厚くし、赤ちゃんのベッドをふかふかに保ったりと大事な役目を果たしますが、妊娠初期は黄体ホルモン優位になりやすいそう。

妊娠中の肌は超敏感、かゆみはなぜ起こる?

服の裏地が肌にチクチクして着ていられない、お腹がかゆくてたまらないなど肌が敏感になってしまうのもこの時期。これはホルモンの影響で肌が少しの刺激にも弱くなってしまうため。

また妊娠性痒疹というブツブツとしたできものが肌に出てしまう症状もあります。

妊娠初期から、後期にかけて人によって現れる時期はさまざまですが、身に着けるものを綿製品に変えるなど、できるだけ低刺激で過ごせるよう工夫が必要なようですね。

なぜ、あごニキビができやすくなるの?

固くて赤味のある、熱を持った大人ニキビ。

主にあごにできやすく、治ってもまた同じ場所にできてしまいがち。この大人ニキビも、黄体ホルモンの皮脂分泌が活発になることで生じやすくなり、さらにステロイドホルモンという副腎皮質からのホルモン分泌が関係しています。

主にストレスを感じると出てしまうホルモンで、それに加えて男性ホルモンであるアンドロゲンも促進されます。男性のヒゲが生えてくるラインにできてしまうというのも納得ですよね。

 

同様に、黄体ホルモンが増える生理前にも見られることでもあります。

水分を溜めこむという意味で、むくみやストレスなどを感じやすく、肌代謝がうまくいかなくなる時期ですよね。妊娠をするとさらにそこに急激なホルモン代謝が加わり、症状も顕著に出やすいという訳なんです。

 

妊娠中いつまで続く?あごニキビ・かゆみなどの肌荒れ

p557-4

困った肌荒れは、早く解放されたいと思うもの。妊娠中、ニキビなどの症状の出方は時期に関係があるのでしょうか。

妊娠初期に肌荒れしやすい理由とは?

多くのママさんは、妊娠に気づく5〜6週頃にはすでに肌の状態が変わってきたと自覚するようです。

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)が受精直後から黄体を刺激し続けるため、すでに体内の黄体ホルモンは増加を見せている頃。主によく現れる症状としては肌のかゆみや乾燥などがあるようですね。

唇にリップを塗っても皮がめくれる、腕やお腹など顔意外のところまでガサガサ、といった状態になることも。また、皮脂の分泌が増えて口の周りや額、あごの皮脂腺が詰まってしまい、ニキビや吹き出物となって出てしまうようですね。

15~20週目になると、肌が綺麗になってくるって本当?

黄体ホルモンは胎盤を完成させる役目を果たすと、卵巣からではなく胎盤自体から分泌されるようになります。体温も下がることからほてりやだるさなども解消されて、今度は卵胞ホルモンの影響で肌が整ってくることも。

ただ、突然ホルモン分泌が移行するわけはなく少しずつという場合が多く、実際黄体ホルモンの分泌は8~9ヵ月にかけて続いていき、そのあと減少していきます。

 

妊娠中の肌荒れを解決:スキンケア5つのポイント

p557-5

妊娠すると多かれ少なかれ肌荒れは経験するといいますが、対策があれば参考にしたいですよね。

特に敏感肌に合ったお手入れ方法、化粧水の選び方などを5つのポイント別にまとめてみました。

1:妊娠中は敏感な肌、遠ざけたい成分はコレ

【アキュテイン】

海外ではニキビ治療薬として有名ですが、日本では認可が下りていない飲み薬です。

正しい名称はイソトレチノインといい、ビタミンA誘導体ですが大量に摂ると赤ちゃんに奇形が生じるリスクが上がるというので服用しないようにしましょう。

また他の化粧品に含まれるビタミンA成分として「レチノール」「レチナール」「トレチノイン」などもあります。肌から吸収されるのは微量といわれていますがチェックはお忘れなく。

【ステロイド剤】

副腎皮質ホルモンともいわれ、炎症やアレルギーに高い効果が得られる薬です。

市販薬もありますが、まずは婦人科で相談すると影響が少ない物を処方されるので安心です。

【インドメタシン】

痛みやかゆみ止めなどに使われるインドメタシンは忌避薬のひとつ。肌への刺激が強く、子宮が収縮してしまう作用があるとのことで、市販の物は使わないようにしましょう。

病院によっては湿布自体も処方されないこともありますが、代わりのクリームなどを出してもらえることがあります。

【パラベン】

パラベンフリー、という言葉も聞かれるようになりましたが、化粧品の防腐剤として幅広く配合されているものです。

妊娠する以前から使っていた化粧水などから肌に蓄積されていることも多いですが、取り入れる量が多い場合、赤ちゃんの成長が遅れたり、肥満児になる可能性があるといわれています。

妊娠中はなるべく控えたほうが良さそうですね。

2:今の自分のお肌に合う化粧水とクリームを選ぶ

妊娠したら使っていた化粧品が合わなくなってしまった、というのはよくある話です。

洋服の裏地にもかぶれるほど肌質自体も変わってしまうとなると、普段使う化粧品選びにも悩みますよね。マタニティ雑誌などでは、妊婦さん用の化粧品の試供品がついていたりすることも。

お試し品などを使って試せるよう、ネットなどからも情報を集めると良いでしょう。どうしても耐えられない、今すぐどうにかしたいという時には、ドラックストアなどで薬剤師さん、化粧品コーナーで相談するのをおすすめします。

3:ニキビ・乾燥・・・肌荒れのスキンケアは保湿がカギ

低刺激、お肌にやさしい化粧水の選び方

黄体ホルモンの影響で、体内に水分を取り込んでも赤ちゃんのいる子宮、胎盤に集まってしまうため多くの妊婦さんの肌は常に乾燥状態。

角質層が固く厚くなり、ゴワゴワとして粉が吹いているのに脂っぽいという不快な状態を招きやすいんですね。

それを改善するにはまず、保湿が大切です。化粧水は匂いがキツくなく、低アルコールなものを選びましょう。保湿クリームも匂いや刺激がなるべくないほうが、つわりなどに影響されずストレスなく使えますよ。

内側からも保湿!食べると良い食材は?

肌のキメを整えて弾力を保つには、コラーゲンを摂るのが良いといわれています。

効果的に取り入れるには、手羽先、豚肉、軟骨などを食べると良いといわれていますよね。しかし、それに加えてビタミンCも摂ると合成が効率よく行われ効果アップ。

さらに、妊娠中に摂ると良いとされる栄養素には「葉酸」があります。ホルモンバランスを整えると同時に、新陳代謝も活発にしてくれます。

4:お肌のトラブルも、皮膚科の前に産婦人科で相談

肌に出るニキビの他に、背中など体に湿疹ができてしまうことがあります。

普通に考えれば、皮膚科に行くべき?と思うような症状も実は妊娠時の特有のものかもしれません。その場合、普段通院している産婦人科に相談すると処置をしてくれます。

また、そこで皮膚科を紹介されたら一度訪院や受診してみるのも一案です。妊婦さんも大勢受診しているので安心なうえ、肌に優しい基礎化粧品なども用意していたり、すすめてくれますから幅広い対応が可能です。

5:プレママ自身を労わる

長い間肌荒れが続くと、気持ちがふさいでしまいそうになりますよね。

この時期の肌の状態は確かにホルモンバランスの影響が大きいところはありますが、自律神経の乱れも関係しています。

お肌の不調は赤ちゃんがきちんと育っている証拠、として一時的なことだと気持ちを大きく持ちましょう。出産を経験したママさんたちは皆、さまざまな肌トラブルなども経験しています。

これも普通のこと!と良い意味で開き直ることも必要かもしれません。

 

プレママへ、≪おススメの美容法≫

p557-6

日ごろから少しずつできる、お肌に良いマタニティライフを送るためのメソッドを考えてみました。

体の内と外から自然体で治していけると良いですよね。

1:和食+こまめに休む生活

肌荒れ、ニキビなどはお菓子やケーキなどの甘い物、揚げ物など油が多い食べ物を摂ると悪化します。

理想は肉や魚、豆類などをシンプルに煮たり焼いたりした和食がおすすめ。良質なたんぱく質はエストロゲン分泌も助けてくれますよ。

ただし、つわりなどで充分に栄養が摂れない時は、なるべくフルーツなど酸味がある食べ物を摂ると食欲がわいたり、クエン酸が含まれている場合体の疲れなども軽減されます。

 

また、妊娠中に動きすぎるのはよくありません。

お腹が張る原因にもなりますし、息が苦しくなると活性酸素なども体内に起きやすくなります。その都度少しずつ休みを入れて移動することを意識してみましょう。

2:リラックスのススメ

睡眠をたっぷり取ることは、美肌を作る基本ですよね。

なかなか寝つけないという状況もあるかもしれませんが、体の疲れをとるには昼寝をしてもOK。体の冷えに気をつけて温かいスープや飲み物を摂ったり、心身ともに心地よいと思えるアロマの香りで癒されるのもおすすめです。

 

リラックスしている時は自律神経も整い、ホルモンのバランスを取ろうと体が反応し出すのだそう。じっとしていると落ち着かない…という時は、ゆっくり散歩をするだけでも気分転換になり良いですよね。

3:保水&保湿重視のスキンケア+UV対策

妊娠中は特にメラニン色素が肌に沈着しやすいため、日焼け止めなどのケアはより必要になってきます。

もともとこの時期は黒皮症や妊娠性雀班などが起こることもあり、乳首や外陰部など体の部分が黒ずんだり、肌にもシミなどができやすくなるもの。出産後、ホルモンの分泌が抑えられてくれば自然と元の色に戻っていきます。

ナチュラルコスメで保湿を念入りに

気を付けなければいけないのが、お腹の皮膚に亀裂ができたように見える妊娠線。

肌の保湿をこころがけて、柔らかく保つことで未然に防ぐことができますよ。妊娠線予防の保湿成分が高いクリームや、ホホバオイル、シアバターのような植物性の実から抽出した低刺激の物を塗ると良いでしょう。

 

他には、口紅などにも配合される蜜蝋などもおすすめ。ハチの巣から取れるもので防腐作用があり高い保湿力があります。

また、若返りのオイルとも呼ばれるセサミオイルは体内に浸透する力が深く、毒素や老廃物なども絡みとって排出に導くそうですから、効果を期待できそうです。

 

まとめ

p557-7

女性の体はホルモン分泌によって、肌荒れしたり気持ちが不安定になるなどとても複雑。

妊娠すると、さらにさまざまなホルモンが放出されるので初めての状態に戸惑うのも無理はありません。マイナートラブルとしてある程度のお肌の不調は仕方がないものの、さらに悪化させないよう無理のない方法を試していくのは良いと思います。

お風呂、シャワーは熱くしない、使うシャンプー、ボディーソープは無添加のものにするなど。やさしく自分をいたわるように肌ケアをしていきましょう。

-部位

Copyright© 【プレママちぇっく!】妊娠週で分かる、悩みや症状、心構え , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.