部位

妊娠が原因の肉割れが気になる・・・消す方法は?※知らなきゃ損!!

投稿日:2016年11月27日 更新日:

p539-1

妊娠をしてお腹が大きくなると、気になってくるのが妊娠線の存在です。

肉割れを隠すために今までのファッションを変えたり、水着を諦めたという話もちらほら聞きます。「妊娠をしたら出来ちゃうのはしょうがない」と思いつつも、できなければうれしいですよね。

そこで、妊娠によってどうやって肉割れができるのかについて原因や対策、出来てしまった時の対処法などをご紹介していきます。

妊娠が原因、どうして肉割れができてしまうの?

p539-2

妊娠をすると肉割れができることはよく知られていますが、そのメカニズムは知っていますか?

予防をするためには、まずは原因を知ることが大切です。どんな場所に出来やすいかもご紹介しましょう。

どうして妊娠をすると肉割れができるの?

肉割れの原因にはホルモンが関係していることがあります。

妊娠中に分泌されているコルチコステロイドというホルモンは肌の弾力を失くす働きを持っています。コルチコステロイドが多く分泌されると肌のターンオーバーが鈍くなり、コラーゲンの生成が進まない状態になってしまうのです。

古い角質が積み重なった肌は弾力が減って硬くなり、皮膚組織が断裂しやすくなって、最終的に肉割れに繋がります。

皮膚のどの部分がダメージを受ける?

妊娠中期になるとお腹が大きくなりはじめ、それと同時に皮膚も引き伸ばされていきます。

皮膚の下にある細胞や皮下組織も伸びてはいくものの、皮膚が伸びるスピードには追い付つけません。その結果、コラーゲンや弾性繊維などの真皮層がダメージを受けて断裂してしまい、皮膚に赤紫色の肉割れが発生します。

これが妊娠による肉割れの原因です。

肉割れができる場所は?

妊娠による肉割れと言えばすぐに思いつくのはお腹ではないでしょうか。

でも肉割れができるのはお腹だけではありません。ほかにはおしりや太ももにも肉割れができることもあります。

妊娠によって骨盤は開きやすくなりますが、おしりが大きくなると繋がっている太ももまでも太くなってしまうため、肉割れができるようです。

また、妊娠で大きくなる胸も肉割れができるポイントになってしまいます。

臨月までには2カップほど大きくなると言われていますが、急激に膨らむために引き起こされます。正面ではなくあまり見えない胸の横や下あたりが要注意ですよ。

そして、意外と見落としがちなのが腕ではないでしょうか。

一見肉割れとは関係なさそうですが、内側の柔らかい部分に出来やすいようなので、気を付けておきましょう。自分ではあまり気づきませんが、実は背中にも肉割れが起こるのだとか。

ご主人や、お家の方に背中の腰当たりをチェックしてもらったり、合わせ鏡をして注意しておくことをおすすめします。

もう一か所見にくい場所として、膝の裏側があります。

お尻が大きくなる影響から足にボリュームが出てしまいひざの裏に肉割れができてしまいます。ふくらはぎも同じ理由で肉割れが出るので、ケアを怠らないようにしましょう。

妊娠で肉割れができる確率ってあるの?

p539-3

肉割れは妊婦さん全員がなるものなのでしょうか?

調べてみると、約50%~60%の人が肉割れを経験すると言われています。2人に1人は肉割れが起こるという結果に驚く人もいるかもしれませんね。とくに経産婦さんは肉割れができやすいと言われていて、確率が約80%にまで上がります。

 

また、肉割れができやすいことに、年齢も関係しているようです。

10代後半から20代前半の人は肌の保湿力が高いため肉割れしにくいのですが、保湿力は30代から徐々に減少していきます。そのため、30代以降で妊娠をした際には肉割れが出来やすいと言われています。

妊娠で肉割れが「できやすい人、できにくい人」の違いはあるの?

p539-4

肉割れが妊婦さんであるすべての人に発生するわけではないことがわかりました。

では、肉割れができやすい人とできにくい人の違いには何があるのでしょうか?

肉割れしやすい人の特徴を5つご紹介しましょう。

経産婦である

先ほども触れましたが、経産婦さんは肉割れがしやすいことが分かっています。

理由としては、最初の妊娠で子宮が伸びやすくなっているため、急激にお腹が大きくなるためです。ほかには育児があるため自分のスキンケアに時間を充てられないことも考えられます。

また、肌の保湿力の関係から、30代後半以降に出産をする経産婦の人は肉割れを一番起こしやすいと言えるでしょう。

妊娠による体重の増加

妊娠をして体重が増えるのは当たり前なのですが、産前と比べて12kg以上の体重の増加があると肉割れを起こしやすいようです。

少しずつ体重が増えていった場合には肉割れができないこともありますが、急激に体重が増加すると急速に皮膚が伸ばされるので肉割れを起こす可能性が高くなります。

肉割れ予防の意味でも、体重管理は大切だと言えるかもしれませんね。

双子やそれ以上の妊娠

双子や三つ子、四つ子など、多胎児を妊娠すると、おなかの大きさもそれだけ大きくなります。もちろん一人を妊娠した場合よりも皮膚が急激に引っ張られるので、真皮層が断裂を起こしてしまうのです。

お腹の大きくなるスピードは個人差はあるものの、一人を妊娠した場合と比べて2か月早いと言われているので、皮膚が伸ばされるスピードも倍速ということになります。

多胎児妊娠の場合には肉割れが起こりやすいというよりも、起こるのが当たり前ぐらいに思っておいたほうが良いでしょう。

小柄でやせ型の人

小柄でやせ型の人も、妊娠をすると皮膚がどんどん引き伸ばされてしまい、肉割れを起こしやすくなります。

やせ型ということで皮膚がそれほど伸びる必要がなかった状況から一気にお腹が大きくなるため、どうしても出来やすくなるようです。小柄かつ皮下脂肪が多く運動不足の人の場合だと肉割れをする可能性はさらに上がります。

早めの対策をして少しでも肉割れを防げるようにすることをおすすめします。

乾燥肌やアトピー体質である人

アトピーの症状としてよく知られているのは痒みではないでしょうか。

痒みの主な原因は乾燥です。このことからアトピー体質の人は肌が乾燥しやすいと言えます。

肌が乾燥していると皮膚がスムーズに伸びることができないので、結果的に肉割に繋がります。そのほかにもアトピーの治療薬として使用されるステロイドには肌の弾力性を低下させる副作用があるのだとか。

そのため、乾燥で皮膚が伸びないうえに薬に副作用でさらに肉割れを起こしやすくなるのです。

妊娠での肉割れは≪痛い≫?

p539-5

肉割れが起きた際に痛みを感じる人と感じない人がいます。

痛みには個人差がありますが、発生する原因には何があるのでしょうか。可能性としては、皮膚が乾燥しているため、急激に皮膚が引っ張られて真皮層がダメージを負った時に痛むことが考えられます。

すでに肉割れができているなら、その付近の皮膚も限界が近くなって肉割れを起こしそうになっていることもあるようです。急激に太ると肉割れが起こるときに痛みが出るという話もありました。

 

痛みが続く人もいれば、ある程度過ぎれば傷みがなくなったという人もいます。

肉割れが起こっている最中は痛みなどを発生することがありますが、完全に肉割れをして終わった状態になると痛みは引くようです。多胎妊娠だと皮膚はさらに引き伸ばされることになりますが、皮膚の神経が伸びに耐えられず切れてしまうこともあるのだとか。

すると、皮膚の感覚が鈍くなって痺れたように感じるようです。

 

妊娠したら肉割れ予防はいつからがベスト?

p539-6

できれば作りたくない肉割れですが、予防をするなら一般的にはお腹が大きくなるまえの妊娠4~5ヶ月から始めるのが良いと言われています。「まだ大丈夫かな~」とついつい後回しにしてしまい、妊娠後期から予防を始める人もいるかもしれませんね。

妊娠後期はお腹が膨らむスピードが速いため、予防をしても後手後手になる可能性があります。

お腹が膨らむ前である初期の段階から予防をしておくことで皮膚が潤って柔らかくなっているので、お腹がある程度急に大きくなってきても、肉割れがしにくくなります。

早めに予防をしておいて皮膚が伸びやすい状態にしておくと良いでしょう。

妊娠線・肉割れの予防と消すクリームの選び方

妊娠線・肉割れの予防や消すためのクリームは一体どんなものを使用したらよいのでしょうか?

ここでは数ある妊娠線クリームから、本当に効果があるクリームが選べるように選び方を紹介していきます!

妊娠中で危険な成分の配合が無いか

産後であれば気にならないかもしれませんが、妊娠中のお母さんが一番気になるのは『危険な成分が入っているかどうか』ではないでしょうか?

大事な我が子に被害が及ぶもの使いたくありませんよね。実際に妊娠線クリームの成分を見てみると、中には妊娠中に使用するものとしてどうなのか頭を傾げたくなるような成分を配合しているものもあります。

もし妊娠中から使用するというのであれば、下記の成分の配合が無いかどうかの有無をしっかりと確認するようにしましょう。

  • アキュテイン
  • トルエン
  • トレチノイン
  • ハイドロキノン
  • バラ便
  • サリチル酸

以上が妊娠中に避けたい配合成分となります。成分表記はしっかりチェックすることが大切ですよ!

保湿効果が高い成分は配合されているか

次に選ぶ条件として、『保湿効果が高い成分が配合されているか』というものです。

妊娠線・肉割れはお腹が大きくなることが原因で引き起こされる症状ですが、肉割れしてしまうのは肌が乾燥していることが影響しています。

例えるなら唇の皮が乾燥していて、ヒビ割れしてしまうイメージに近いでしょう。

そのため、普段から保湿しておくことが妊娠線を予防する、そして改善することへの最重要事項なのです。

それでは、高い保湿成分とは一体何なのでしょうか?下記にリストで妊娠線・肉割れに効果的な高い成保湿分を3種類まとめてみました。

  • コラーゲン
  • シラノール誘導体
  • フラーレン

特にフラーレンは妊娠線・肉割れの予防改善に効果的だと言われていて、今大注目の保湿成分となっています。

【プレマーム】おすすめの妊娠線・肉割れ予防・改善クリーム!

プレマーム

以上の選び方を踏まえて、もっともおすすめ出来る妊娠線・肉割れの予防改善クリームは【プレマーム】です。

一体どんな商品なのか見てみましょう!

危険な成分の配合なし!ママさんに向けたクリーム

プレマーム無添加

プレマームは名前の通りプレママ、つまり出産前のお母さんに向けた妊娠線・肉割れクリームです。

そのため、妊娠中の危険な成分をしっかりと考慮し、いかに低刺激な成分であるのかを追求した妊娠線クリームなんです!

また、無添加製法であるため、合成着色料や合成香料などの赤ちゃんへ被害を与える添加物が配合されていません。

安心して使用できる妊娠線・肉割れクリームです。

保湿効果の高いコラーゲン・シラノール誘導体・フラーレンの配合あり

プレマーム配合成分

このプレマームという妊娠線クリームには、選び方で紹介した高い保湿成分の『コラーゲン』・『シラノール誘導体』・『フラーレン』の3種類がしっかりと配合されています。

さらに、この3種類の保湿成分の他にも高い保湿効果、そして高い美容効果が期待できる成分が配合されています。

そのほかの成分については下記の表をご覧ください。

配合成分

レジストリル、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、加水分解コメヌカエキス、プルーン分解物、コエンザイムQ10、オリゴペプチド、発酵セイヨウナシ果汁、パルミン酸レチノール、ヒアルロン酸、セラミド、スクワラン

どれも美容成分として名高い成分ばかりですね!妊娠後のケアもバッチリ出来るコスパの良いクリームとなっています。

基礎・浸透・薄膜のスリースポットケア

プレマームスリースポット方式ケア

妊娠線・肉割れと言っても、人によってはブヨブヨした皮が気になったり、乾燥した表面が異なったりと、悩みは違うものです。

ところがプレマームでは、本来の肌質になるように基礎を整え、そして角質層まで美容成分を浸透。

さらに表面を守るように薄膜を作り保護するとういうように、スリースポット方式ケアで肌をきれいに保ちます。

これがプレマーム最大の特徴なんです!

実際に使用しているママさんの満足度は96.3%にも及ぶ、人気度1位の商品となっています。

ぜひ、妊娠線・肉割れでお困りの方は、試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

p539-8

妊娠がきっかけでできる肉割れの原因は皮膚を引っ張られて真皮層が断裂することと、コルチコステロイドというホルモンの作用によってコラーゲンの生成が遅れ、肌の弾力性が落ちるためだと言われています。

肉割れを予防するためにはおなかが大きくなる前の4~5ヶ月がベストです。

予防方法としては肉割れ予防に特化したクリームがおススメで、とくにシラノーラ誘導体が含まれているクリームは肌の保湿力や弾力が戻ると言われています。

もし肉割れができてしまったら、肉割れを薄くする効果のあるクリームを使ってケアしていけば次第に目立たなくなりますよ。

元気な赤ちゃん生むために、お母さんが今しておくべき2つのコト


元気な赤ちゃんを生んだ、新ママたちが実践していた健康方とは。


-部位

Copyright© 【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.