妊活中から妊娠中、そして授乳期に至るまでの様々な悩みを解決!元気な赤ちゃんを産むための妊婦さん専用サイトです。

【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト

週別まとめ

【妊娠31週目まとめ】お腹に黒い線?逆子対策は?

投稿日:2016年9月28日 更新日:

この31週、妊娠8ヵ月の、最後の週を迎えました。赤ちゃんの脳の中では、驚異的なスピードで神経細胞がつながれ、情報処理能力を発達させています。聴覚はほぼ完成に近づき、外の世界の物音に耳を澄ませながら、まばたきをしたり、指をしゃぶったり…。産まれくるその瞬間のために、呼吸の練習にも余念がありません。豊かで可愛らしい表情をたたえつつ、日々しっかりと成長しています。

里帰り出産するママは、そろそろ移動する時期。忘れ物や見落としていることはありませんか?距離がある場合は特に念入りなチェックを怠りなく!それでは、妊娠31週を迎えるプレママの心構えや実践すべきポイントについて、ご一緒にみてみましょう!

妊娠31週目まとめ

妊娠31週目に見られる変化は次のとおりです。

症状

歯ぐきからの出血・鼻血、むくみ、手のしびれなど

→その他の多いケース
初乳が出始める人も
正中線が黒っぽく目立ってきます
私たちも体験(初乳、乳首・正中線の黒ずみ)

つわり

胃のむかつきを感じる人が増えます

→その他の多いケース
私たちも体験(胃のむかつきなど)

お腹の大きさ 子宮上部がおへそとみぞおちの中間くらいに位置します
31週:子宮底長25.5~29.5cmくらい
腹囲は80〜90cmが中心ですが、それ以上や以下のことも
赤ちゃんの大きさ 頭臀長(CRL)42~43cm
大横径(BPD)72~82mm
大腿骨長(FL)51~61mm
腹部周囲長(AC)24~28mm
→その他の多いケース
★赤ちゃんの成長:骨格がしっかり、体重・筋力がアップ
:赤ちゃんはお腹の中で縦に落ち着く時期
逆子対策は医師と相談されましたか?
私たちも体験(逆子対策)
腹痛 お腹が張ることが増えてきます
★お腹の強い張り・出血があるときは受診しましょう
→その他の多いケース
切迫早産の兆候の≪張り≫に注意
腰痛

腰にさらに負担のかかる時期、まっすぐ立つようにしましょう

→その他の多いケース
まっすぐ立つ、体を暖めるで腰痛対策と軽減 

下痢 下痢は起こりがちですが、感染症と食中毒に注意しましょう
★下痢のような痛みが強いとき、繰り返すときは受診を
→その他の多いケース
私たちも体験(下痢)
出血

★微量出血でもすぐ受診しましょう

→その他の多いケース
セックスは注意が必要です
私たちも体験(出血)

茶おり

★おりものの変化には注意を

→その他の多いケース
私たちも体験(茶おり)

エコー

赤ちゃんの表情は豊か、あくびなどが見られるかも

→その他の多いケース
私たちも体験(赤ちゃんの様子)

心拍

心拍数は120~140bpmくらい

→その他の多いケース
私たちも体験(心拍)

胎動

胎動がおとなしくなる、まだ強い、様々です

→その他の多いケース
胎動がおとなしくなっても赤ちゃんは元気
私たちも体験(胎動がおとなしくなった)

体重 赤ちゃんの体重は、1300g~1900gくらい
ママの体重:赤ちゃんの順調な生育を第一に体重管理を
出産まで

出産まで、あと8週です

→その他の多いケース
赤ちゃん用品選びを楽しみましょう
安産体操

この週に良くある傾向。意識したいコト

この頃から、前駆陣痛(本陣痛に供えた予行練習的な陣痛)が始まります。本陣痛と違って定期的ではなく、時折、お腹に圧迫感や張りを感じますが、姿勢を変えたり、安静にしていると落ち着きます。女性ホルモンの分泌が活発になることで、歯肉炎を発症したり、鼻血が出ることもあります。

運動器では、手のひらにある手根管が圧迫されてむくみやしびれを感じる場合がありますが(手根管症候群)、出産後、ある程度の時間を経ると解消することが多いようです。細菌性膣炎、頸管炎、絨毛膜羊膜炎などの感染症は、早産につながる可能性がありますので、医師の注意を仰いで防ぐように心掛けましょう。

赤ちゃんの聴覚はほぼ完成に近づいていますので、「ちびちゃん」「まめちゃん」や、産まれる季節などにちなんだ胎児名(ニックネーム)をつけて、家族みんなで優しく話しかけてみてくださいね。

手のしびれやむくみが気になる方はこちらもチェック!原因や改善方法を詳しく紹介しています。
>妊娠中の手・指のシビレ・むくみ。原因は妊娠なの?改善方法は?

初乳が出始める人も

妊娠中から乳汁が出ることがありますが、これを「初乳」と呼ぶかどうかは意見の分かれるところです。初乳は、産後の約1週間(5日間、10日間など、個人差あり)に出る栄養価の高い母乳のことを指すとし、妊娠中の乳汁は「分泌物」として分けて位置づけする専門家もいます。

妊娠中に出る乳汁(分泌物)は乳管を詰まらせることがあるので、入浴の際にきれいに洗い流すようにしましょう。

 

正中線が黒っぽく目立ってきます

正中線は、おへそから上下に伸びている、お腹の中心線です。鼻の下の溝と同じく、胎児の頃に細胞分裂したときの名残で、男女の別なく、皆生まれながらに持っているものです。ただ、小さい頃から正中線が目立つ人、薄くてあまり見えない人など、あらわれ方には個人差があります。

しかし、妊娠中においては、ホルモンバランスの変化によりメラニン色素の分泌が増える関係で、黒っぽく目立ってくるのが普通。しみ・そばかすが増えたり、乳頭・乳輪が黒ずんだりするのと同じことなんですね。

出産を終え、メラニン色素の分泌が落ち着けば、徐々に薄くなっていくのでご安心を。半年、1年、それ以上など、目立たなくなる時期については人それぞれですので、少々気になってもゆっくり気長に待つようにしましょう。

 

私たちも体験(初乳、乳首・正中線の黒ずみ)

≪初乳≫

からしを牛乳で溶いたような、黄色っぽいお乳が出るようになりました。先日マタニティ教室で、「もう母乳の準備ができているようだから、これ以上マッサージしなくても大丈夫」と言われました。私の病院の方針では、マッサージは36週以降からなので、まだしていないんですけどね。…不思議です。(30代)

乳首の先に白いカスのようなものがつくようになったので、試しに絞ってみたら、半透明っぽい乳がにじんできました。ただ、左右でちょっと違うんです。左は半透明なのに、右は黄色っぽい。右の乳首が扁平なので、そのせいでしょうか。恥ずかしいけれど今度先生に相談してみようと思います。(20代)

≪乳首・正中線の黒ずみ≫

妊娠8ヵ月目くらいから、正中線が目立つようになりました。産後3ヵ月の時点で、まだはっきり残っていたので、妊娠線用のクリームを正中線にも塗ってみたら、半年後には気にならなくなりました。私の友人もやはり、妊娠線予防クリームを正中線に塗っていて、産後1ヵ月で消えたそうです。でもクリームのおかげかどうかは不明ですが…。(30代)

妊娠後期から出産後にかけて、乳輪がすごく大きくなり、黒ずんでかなりショックでしたが、まだ視力の弱い赤ちゃんが見つけやすいためだと聞いたことがあるので、納得していました。私の場合は産後1年くらいかかりましたが、ほとんど元に戻りましたよ。(30代)

 

私たちも体験(胃のむかつきなど)

31w-1

妊娠初期は、つわりらしいつわりがなかったのに、30週を過ぎた頃から、なんだか食べたものが胃にずっと残っているような不快感が頻発するようになりました。前半にラクした分、後半に一気に来た感じ。消化の良いものを、5食くらいに分けて食べるようにして、なんとかしのぎました。(20代)

大きくなった赤ちゃんに胃を押されているようで、なかなか消化できず、苦しい毎日。漢方の胃薬を使おうか迷いましたが、やはり薬自体に抵抗があったので、断念。せめてあっさりしたものを、と決意するのですが、大好きな脂っこいもの、甘いものを我慢する方がストレスだったので、結局食べて、日々胃もたれと戦っていました!(30代)

胸やけというか、胃がむかつくというか、不快な状態がずっと続きました。朝はまだましでしたが、何か食べた直後は特にひどくて…。しかし空腹は空腹で、これも気分が悪くなるのです。結局、ある程度忙しく動き回っているときが、気が紛れ、不快さを忘れることができたように思います。(20代)

逆子対策は医師と相談されましたか?

31w-2

体が小さく、子宮内のスペースに余裕があるときまで、赤ちゃんは頭を上にしたり下にしたり、くるくると回りながら自由に動いています。成長して大きくなると、重い頭が自然に下を向き、「頭位」と呼ばれる姿勢に。逆三角形型の子宮にきれいに収まって、産まれて来る日を待ちます。

「頭位」にならず、上向きや横向きのままでいる状態がいわゆる「逆子」です。この逆子の原因についてはまだはっきりと解明されていません。しかし、31週を過ぎても、特に羊水が多めの場合にそうなのですが、赤ちゃんが自力で動いて逆子を解消するケースも多く確認されています。

31週の段階で逆子になっている赤ちゃんは全体の2割ほど。実際の出産のときには、その割合が3〜5%まで減っているのだとか。現在逆子だったとしても、=自然分娩は無理=帝王切開と決めつけずに、赤ちゃんのポジションを正しくする方法を試してみてはいかがでしょうか。

有名なのが逆子体操です。うつぶせの形からおしりを高く突き上げるものや、横向きに寝る、ブリッジに似た姿勢をとるなどの体操がありますが、大切なのは必ず医師の指導に基づいて実行すること。切迫早産の可能性があるママなど、体操がリスクとなる場合もありますので、まずはよく相談してみてください。

 

私たちも体験(逆子対策)

逆子確認から逆子体操実践、頭位になったと思ったらまた逆子に逆戻り。そんなことを何度も繰り返して、もうホントにお願いだから、逆子にならないで!と話しかけるしかありませんでした。そのおかげか、出産が迫ると頭位の姿勢をキープしてくれて、無事自然分娩にて誕生してくれた、言うことをよく聞くおりこうさんです。(30代)

逆子体操をしているとき、強い胎動があって、「いま、戻った」と母親である私にはハッキリとわかりました。調べてみると、案の定、逆子は解消されていました。逆子体操は姿勢がキツく、すごく大変だったけど、続けてよかったです!(30代)

7ヵ月目で逆子と診断され、先生の指導のもとに逆子体操をやりましたが、8ヵ月目、9ヵ月目になってもそのまま。そしてついに帝王切開が決定。ところが、帝王切開の数日前になって、なんと逆子がなおっていることがわかり(もちろんその頃はもう体操をしていません)、急遽自然分娩に切り替えられました。元気に産まれてくれさえすれば、産み方なんてどちらでもいいんだと思えました。(20代)

切迫早産の兆候の≪張り≫に注意

出産まで、あと2ヵ月。これまでの長かった時間に比べたら、きっと、あっという間に過ぎていってしまうひととき─。たしかにそうかもしれません。視界の先に、ゴールはとらえました。でもちょっと待って、もうひと息だからこそ、油断は禁物です。切迫早産の可能性だって、なくなったわけではありません。

お腹の張り、下腹部の痛み、腰痛、背中の痛み、出血、発熱…。おそらくこれまで、何度となく経験してきたトラブルだと思います。でもそれが、これまでと同じ原因によるものとは限りません。慣れてきた症状だからなおさら、いま一度慎重になってみる。気になることがあったら、迷わず侮らず受診しましょう!そのための通院だって、あとわずか2ヵ月なのですから。

 

まっすぐ立つ、体を暖めるで腰痛対策と軽減

31w-5

妊娠後期、赤ちゃんは急激に大きく成長します。子宮はふくらみ、お腹が前にせり出して、ママは重心のバランスをとるため、無意識に背中を反り返らせるような姿勢をキープしようとします。すると当然、首から腰の背骨─頸椎・胸椎・腰椎─に負荷が集中することに。この時期、背中から腰にかけて発生する痛みには、そんな物理的・肉体的ダメージが原因として直結しています。

加えて、自由に動けないことによるストレスや、ゴロゴロしてつい携帯電話やスマホ、タブレット、テレビを観る時間が増え、眼精疲労が蓄積することも拍車をかけてしまいます。

解決・軽減のためには、

・アゴを引いて、なるべく背中を湾曲させないようまっすぐに立ち、その姿勢をできるだけ長く保つ(最初は無理をしないよう、つかまり立ちしてください)、座るときも背中を伸ばすよう意識する。

・ゆったりとした入浴で全身を、蒸しタオルや湯たんぽで患部を温める

・アロマテラピーなどで気持を落ち着かせ、まぶたに蒸しタオルや専用の蒸気シート等をあてて眼を休ませる

といったケアが有効でしょう。

私たちも体験(下痢)

妊娠中期までなんともなかったのに、妊娠後期から、1週間に1〜3回、下痢をするようになりました。外ではトイレ探しにも苦労するので、病院で整腸剤を出していただいたら、だいぶよくなりました。(20代)

下痢しはじめたのを、最初は妊娠後期の体調変化かと思ったのですが、あまりにもひどいので受診したら、ウイルス性の胃腸炎でした。でも、赤ちゃんに影響がなくて本当によかった!ノロやインフルエンザなど、こわいウイルスはいっぱいあるので、これからは十二分に注意しようと思います。(30代)

妊娠中は免疫力が低下するからと、食べ物に注意するよう先生に言われていた私。でも刺身が原因で食中毒にかかってしまいました。ずっとトイレで苦しみ、なんとか病院に行くと、カンピロバクターが検出されたのです。とにかく便で菌を外に出し、イオン水で脱水症状を補いました。じきに良くなりましたが、ものすごく反省しました。(20代)

 

セックスは注意が必要です

妊娠後期のセックスは、タブーではありません。お互いが抵抗を感じないのであれば、絆を確かめ合うために、むしろ推奨されるべき崇高な行為です。ただし、妊娠後期のセックスには、いくつか注意が必要な点があります。

・精液に含まれる生理活性物質・プロスタグランジンには、子宮を収縮させる作用があり、陣痛、早産を誘発する可能性が。かつて妊娠後期の性行為がよくないとされたのもこのためですが、避妊具を装着すれば問題ありません。

・避妊具にはもうひとつの役割があって、精液に含まれている雑菌が頸管の中に入り込んで、絨毛羊膜炎などの感染症を引き起こすのを未然に防ぎます。

・子宮内に雑菌が入らないよう、どちらも体をきれいに洗っておきましょう。

・膣や子宮口は充血し、ただれやすくなっています。傷つけないように、激しい性行為は控えましょう。

・お腹を圧迫する体位はNG。また、性行為の途中でお腹の張りを感じたらすぐに中断し、横になって体を休めましょう。

 

私たちも体験(出血)

8ヵ月目のある日、お腹の張りを感じてトイレに行ったら、生理と同じくらいの出血があってびっくり!主人が帰宅してからも出血が止まらなかったので、病院に連絡したらすぐに来てくださいと言われ、診察してもらったところ「切迫早産」。張り止めの薬をもらって、1週間の自宅安静でピンチは切り抜けました。(20代)

外出先のトイレで鮮血の出血を確認。かかりつけの病院に行ったら「子宮口がゆるんでいる」と言われてそのまま即入院!長いこと陣痛抑制剤の点滴を受け、35週で一時退院、38週の正期産で無事出産しました。(30代)

5ヵ月で前置胎盤と診断され、自宅で安静生活を送り、31週目で突然の出血。幸い、少量だったのですが、入院して絶対安静ということに。大量出血したら大きな病院に緊急搬送になると言われ、緊張の日々でした。結局その病院で、37週に帝王切開。輸血は自己血で済み、貧血も出ませんでした。(30代)

 

私たちも体験(茶おり)

妊娠8ヵ月、茶色いおりものに気づき、すぐに病院へ。予想通り、茶色いおりものは出血だと言われましたが、内診の結果、子宮頸管の長さに異常はなく安心しました。友人に、後期以降に感染症にかかり、切迫早産になる人もいましたので、いつもと違うおりものがあった場合は、自分で判断せずに受診した方がいいと思います。(20代)

妊娠8ヵ月まで張りらしい張りもなく、のほほんとやってきました。何もなくこのままいくだろうと思っていた矢先、少しの茶おりがあって、翌日病院へ。その日の朝もまた茶おりがあったので、そう伝えると膣内エコーをとってくれ、子宮頸管長は1.5mmとのこと。切迫早産と診断され、即入院・点滴となりました。予兆として張りもあったのに、私は気づかなかったようです。(30代)

ある日トイレに行くと、色のついたおりものがたくさん出ていてビックリ!もともとおりものが多い体質なので、量には驚かなかったけれど、色が茶色なので心配になったのです。病院で先生に聞くと、妊娠後期はホルモンが異常なので、冷えやストレスでも出てくるとのことでした。受診して安心できました。(30代)

 

私たちも体験(赤ちゃんの様子)

1700グラムの男の子。エコーで見ると、この前まではパパそっくりだった気がしましたが、ここにきて私に似てきたかもしれません。早く会って確かめたいよ〜。(31w0d)

28週から逆子でしたが、ようやくなおってくれた!最近のエコーではずっと背中を向けていて、お顔が見えなくて残念。でも心臓の弁は確認できました。バクバクして元気そう!あと2ヵ月、楽しみ!(31w1d)

エコー中にしゃっくりをしたり、口をパクパク、そしてあくびまでしていました。見えないお腹の中でこんなに自由に過ごしているんだなと感動しました。(31w1d)

 

私たちも体験(心拍)

この週の平均心拍数は120〜140bpmくらいらしいのですが、うちのベビちゃんは高めの数値でちょっと心配に。そうしたら先生が、「元気に動いている証拠です。一過性のもので、また戻りますから、大丈夫ですよ」と言ってくれてすごく心強かったです。(31w3d)

通常は34週以降らしいですが、いま切迫流産で入院中のためか、31週でNSTつけています。たまに心拍がフッて下がるときがあるというのですが、お医者さんは別に問題なさそうな顔をしているので、信頼しておまかせしています。(31w4d)

1260g、低体重です。うちのおちびちゃんはよく寝る子だからなのか、心拍のリズムもいろいろで、お腹の上から看護師さんに振動を与えられながらチェックされ…。でも先生が「元気で大丈夫です」と言ってくれたので、安心しました。早く大きくなーれ!(31w4d)

 

胎動がおとなしくなっても赤ちゃんは元気

31週になって、赤ちゃんの動きが減ってきたように感じてはいませんか?心配要りません。それは誕生に向けた準備が順調に進んでいる証拠。赤ちゃんの活動に、規則性が生まれているのです。

また、これまでは胎内のスペースに余裕があったのに対し、徐々に大きく成長して狭くなってきたため、激しく動くことができなくなっています。そんな中でも、実は結構細かく、器用に動いているんですよ。

動きが減る、おとなしくなるといっても、胎動をまったく感じられなくなるということではありません。「ちょっと少なすぎるんじゃないかな」と気になる場合は、動きを10回確認できるまでの時間を計測し、医師に相談してみてください。

 

私たちも体験(胎動がおとなしくなった)

一人目のときは胎動が減る気配がなく、ずっとバンバン動いて蹴り上げられていました。二人目はおとなしくなるのがわかって、一人目と比較するとちょっと心配にもなりましたが、「当たり前の変化」と言われて納得しました。兄妹でも違うものなんですね。(31w4d)

ここ一週間、胎動が一気に減った。おさまってきたのかな?いや、でもまだ逆子なおってないからさ、バンバン動いて戻って!帝王切開になったら、無痛分娩ができる病院を無理して選んだ意味がなくなっちゃうよ!(31w5d)

 

赤ちゃんの順調な生育を第一に体重管理を

産まれたときの体重が、2500g未満の赤ちゃんを低出生体重児、1500g未満の赤ちゃんを極低出生体重児、1000g未満の赤ちゃんを超低出生体重児といいます。低体重での出産の多くは、早産(妊娠22週〜37週未満)によるもの。

しかし近年、正期産にもかかわらず、胎児発育不全(FGR)により低体重で産まれてくるケースが増加しています。FGRの原因として挙げられるのは、

1)胎児の先天性要因(染色体異常や感染症など)、

2)胎盤・臍帯に係わる要因(胎盤の形・位置や、へその緒の異常)、

3)母体の要因(高血圧・糖尿病・飲酒・喫煙・薬物など)。

(3)においては特に、妊婦の過度なカロリーコントロール、無理なダイエットが増えていることが問題視されています。

FGRは、産まれてきたあとにかかる病気や、精神発達の遅延など、様々なリスクを抱えています。飲酒、喫煙、もちろんNG。薬物、論外。疾患による服薬にも細心の注意が必要。

そして、大事な栄養の供給を滞らせてしまうカロリー制限も、真剣に見直す必要があります。赤ちゃんの健やかな成長を第一に考え、かつママの体重管理も怠れないので、ここは栄養バランスが十分にとれた食生活を心掛けましょう!

安産体操

骨盤・股関節まわりの筋肉を鍛える、子宮口を柔軟にする、肩こり・腰痛・むくみを解消する─。

上記のように安産体操には様々なメリットがあります。近い将来の出産をラクにするだけでなく、プレママがいま抱える負担を軽くもしてくれるのですね。

・ヨガなどのスタジオに通う → やり方に自信がないママは、きちんと指導を仰いだ方が安心です。

・自宅で挑戦する → 毎日気が向いたとき、手軽にできて便利。最初は先輩ママに教えてもらうとわかりやすいですね。

そして何より大切なのが、医師に相談した上で行うこと。無理をしないよう、安全第一で実践してください。

 

赤ちゃん用品選びを楽しみましょう

31w-3

出産に対する不安や、思うように動けないストレスを払拭するためにも、産まれてくる天使に贈りたい、かわいいグッズを探してみましょう。知らず知らずニヤニヤ、いえ、微笑んでいる自分に気づくはず。色は性別に合わせてもいいし、ユニセックスな白、黄色を選ぶのも楽しいものです。

実際に全部購入しなくとも、ウィンドウショッピングやネットサーフィンだけでも幸せな時間が過ごせますよ。

 

まとめ

31w-4

マラソンの市民ランナーの中には、ゴールを視認したとたん、そのゴールが後ずさり、自分との距離を広げていくように感じる人もいるそうです。もう少しだからこそ、油断してはいけない、気を抜いてはいけない。そんな暗示がそこに潜んでいるのではないでしょうか。

さあ、赤ちゃんとのご対面まで、いよいよあと2ヵ月。初産の方にとっては、プレママから、ママへの昇格(?)も2ヵ月後です。辞令はもう出ています。しっかりと心の準備をして、その日を待ちましょう!

元気な赤ちゃん生むために、お母さんが今しておくべき2つのコト


元気な赤ちゃんを生んだ、新ママたちが実践していた健康方とは。


-週別まとめ

Copyright© 【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.