妊娠週別に「症状」「よくある悩み」「心の持ち方」を解説した妊婦さん専用サイトです。

【プレママちぇっく!】妊娠週で分かる、悩みや症状、心構え

週別まとめ

【妊娠28週目まとめ】妊娠後期!早産について知っておこう

投稿日:2016年9月28日 更新日:

妊娠28週からは8ヶ月目となり、妊娠後期に入ります。健診も、2週に1度と少し間隔が縮まることに。この頃から母子共に出産に向けて体のスイッチが入るといわれていて、子宮の収縮によるお腹の張りなども感じやすくなります。

赤ちゃんの肌の表面も脂肪が増えることでなめらかになり、脳がさらに発達、横隔膜を上下に動かして呼吸のような動きも始めます。ただ、子宮が大きくなり内臓に圧力がかかることで起こる、マイナー・トラブルにもう少し悩まされそう。

もし早産で赤ちゃんが外に出てしまっても生存する確率がぐっと上がるこの時期ですが、上手に乗りきっていく術を知っておきましょう。

 

妊娠28週目まとめ

妊娠28週目に見られる変化は次のとおりです。

症状 胸やけ、消化不良、むくみ、疲れやすい、頻尿、恥骨の痛み
→その他の多いケース
血圧が少しずつ上がる時期
私たちも体験(いろいろな症状)
つわり 胸やけ・胃もたれなど後期つわりの症状が出る人も
→その他の多いケース
後期つわり
お腹の大きさ お腹はさらに大きくなります
28週:子宮底長23~27cmくらい
→その他の多いケース
赤ちゃんの大きさ 大横径(BPD)65~75mm
大腿骨長(FL)45~54mm
腹部周囲長(AC)21~25mm
→その他の多いケース
赤ちゃんの成長:身長の伸びがゆっくりに、皮下脂肪がつき始めます
羊水の中で動き回っています
腹痛 お腹の張りが頻繁に感じられる時期
お腹の強い張りに出血(微量でも)があるときは受診しましょう
→その他の多いケース
お腹の張り、出産準備運動?早産の兆候?
私たちも体験(腹痛・お腹の張り)
腰痛 お腹はさらに重たくなり、腰に負担が出て痛みが強くなることも
→その他の多いケース
スクワット、そして雑巾がけは試してみましたか? 
下痢 下痢が2-3日続く、下痢の時のような腹痛、出血を伴う、すぐ受診を
出血 どんな出血も、すぐ受診しましょう
→その他の多いケース
「正産期(37週以降)」にある「おしるし」が出てしまうことも
私たちも体験(出血)
茶おり 茶おりも、自己判断はせず医師に相談を
→その他の多いケース
おりものが生臭い、こんな時は受診しましょう
私たちも体験(茶おり、おりものの変化)
エコー 2Dエコーでも表情や、仕草が読み取れるようになります
→その他の多いケース
私たちも体験(赤ちゃんの様子)
心拍 心拍数は140~160bpmくらい
→その他の多いケース
赤ちゃんが眠っているときは心拍数が低いことも
私たちも体験(心拍)
胎動 胎動はまだ激しい時期です
胎動が24時間感じられないときはすぐ受診しましょう。
→その他の多いケース
私たちも体験(胎動)
体重 赤ちゃんの体重は、950g~1400gくらい
ママの体重:羊水量を適正に保つ為に、ママの体重管理はしっかりと!
出産まで 出産まで、あと11週です
→その他の多いケース
胎児は外界で生きるための機能が備わる時期ですが、早産には注意を

この週に良くある傾向。意識したいコト

28週になると、赤ちゃんの体の細胞も大人と同じように60兆個にも増えて、完成されます。体重は930~1400gほど、体長も360~410mm前後と大きくなるので体を折り曲げ、子宮の中で縦型のような姿勢を取るようになります。

羊水量も一番に増える時期で、中で泳ぎまわる赤ちゃんの動きも激しくなります。外からでもお腹が一部盛り上がるのが見えたりと胎動も感じやすいようですね。ただ、子宮が大きくなるためどうしても胃や心臓が押されて、息切れ、疲れやすい、胃もたれなどの症状も起きてしまいがち。

少しずつしか食事がとれなくなる一方、突然甘い物が食べたくなり、体重が一気に増えてしまった!というケースも。急激な体重の増加は妊娠糖尿病などにかかりやすくなり、赤ちゃんも、生まれつき脂肪細胞が大きくなりやすいといわれています。

またこの時期、25%と少なくない割合で逆子になっているのを指摘されることも。自然に元に戻っていく事が大多数なのであまり心配はいりませんが、逆子体操をしたり、健診の時に注意をよく聞いておくことが必要でしょう。

いずれにせよ胎位によっては骨盤が押されて靭帯が伸び、恥骨のあたり、足の付け根に痛みを感じたりすることもあります。
同時に膀胱が圧迫されることで頻尿に悩まされることも少なくないのですが、すべては赤ちゃんが元気に育っている証拠。骨盤ベルトなどで痛みを緩和したりしながら、胎教で音楽を一緒に聞くなど、リラックスした時間を忘れないようにしましょう。

 

血圧が少しずつ上がる時期

28w-1

赤ちゃんに活発に血液を送るため、妊娠後期は血液量が2倍近くに増えます。血管が拡張に充分に対応できなかったり、体にかかる負担などが原因で、血圧が上がって来る時期になります。高血圧とは最高血圧が140mmHg、最低血圧が90mmHg以上が目安です。

楽観視していると、タンパク尿などを伴う場合も含め、頭痛やめまい、むくみなどが起こる妊娠高血圧症候群にかかることも免れません。塩分過多も症状を助長するので食生活にも注意が必要です。

 

私たちも体験(いろいろな症状)

この時期に体に表れる症状は人によって様々ですが、同じような体験を聞くと安心しますよね。なかでも、よくある症状には何があるのでしょうか。

恥骨痛

陰部の骨のあたりが痛みます。歩けないほどではないですが、痛っ!と声が出そうになるほど。たまに尾てい骨付近や腰の痛みもあります。病院で聞くと、「赤ちゃんが出てきやすいように、股関節がゆるくなってくるせいだよ」と、言われました。

頻尿

頻尿になるとは聞いていましたが、30分間隔くらいでトイレに行きたくなってしまいます。話に聞くと、赤ちゃんが生まれたら2~3時間置きに授乳したり、夜中もしょっちゅう起きることになるため、予行演習の意味もあるとのことでした。

こむら返り

常に片足がつっているのか、立ったり座ったり体勢を変える時に痛みます。診察で、葉酸を飲んだり、動作をゆっくりすることで緩和できると言われたので試しています。ミネラル、マグネシウムの不足でも出やすい症状だそうです。

夜寝れない

胎動が激しいので目が覚めてしまうのもありますが、寝つけないことも多いです。気持ちの浮き沈みが激しく、泣いてしまうことも。ホルモンバランスのせいもあるということで、昼寝で寝れる時は無理せず休むようにと指示を受けました。

 

後期つわり

吐き気や胃の不快感などは初期のつわりと同じような感覚を覚えますが、主な原因は子宮が大きくなることによる、内側からの胃の圧迫。胃酸がせり上がることで起こる逆流性食道炎にかかる人もいます。

対処法としては、食事を少量ずつよく噛んで摂るようにして、上体を寝かさず起こしたままでいると良いようです。

お腹の張り、出産準備運動?早産の兆候?

本陣痛に備え、子宮が収縮と弛緩を繰り返す前駆陣痛が起こりやすくなります。お腹が張ったり痛みに強弱があったりするのが特徴で、子宮口はまだ開いていないので偽の陣痛ともいわれる事も。

張りを感じる時は横になって安静にしていると落ち着いてきますが、痛みが強く間隔が狭くなってくる他、出血もあると切迫早産などのおそれがありますから、このようなときはすぐに受診しましょう。

 

私たちも体験(腹痛・お腹の張り)

29w-2

1. 台所に立っている時、買い物に行く途中歩いている時などお腹に張りを感じ弱い痛みもあります。診てもらいましたが子宮頚管も3.4cmあるとのことで、ウテメリンを処方されるだけに終わりました。

2. 痛む箇所が、おへその部分とその周りなんです。へその緒を内側から引っ張られるような、筋肉痛の痛みにも似てズキズキします。おへそを囲むような丸い筋肉がつっているような、脇腹も突っ張っていると感じる時も。話を聞くと同じようなところが痛む人もいて安心しました。

3. 昼間から少しお腹が張っている気がしたので早く床に就きましたが、10~15分間隔で鈍い痛みが続き、気になって眠れなくなってしまいました。以前病院で、出血がなく、張りも断続的で、胎動を感じるのであれば心配いらないと言われましたが少々気に病んでしまいます。

 

スクワット、そして雑巾がけは試してみましたか?

妊娠後期の、ほとんどの妊婦さんを悩ませる腰痛。改善のために行うと良い運動として、四つん這いになって後ろに下がりながらの雑巾がけ、スクワットなどが挙げられています。

腰の筋肉を動かすことで血流も良くなり、股関節を開く動きができることから、安産につながると昨今から伝えられている方法なんですね。家の中でゆっくりと自分のペースでできるので、無理のない範囲で試してみるのをおすすめします。

 

「正産期(37週以降)」にある「おしるし」が出てしまうことも

29w-5

おしるしとは、主に正産期の37週以降、多くは出産の10日前~直前までに見られる少量の出血のこと。ただし必ず起こることではなく、約半数の妊婦さんはおしるしがないまま出産をしています。

見分け方は、おりものに混ざって血の筋のように見えることが多いようですね。子宮口が開いて赤ちゃんを包んでいる羊水の袋、卵膜が子宮壁からはがれるためで、量もごく少ないもの。

注意が必要なのは、子宮の収縮が起こってくる28週でもおしるしが出る時があること。ただ、出産予定日が先である以上、前置胎盤や常位胎盤早期剥離、または破水が起きていることもあります。特に、さらさらとした鮮血で量が増えていく、何日も続くという場合はすぐに受診するようにしましょう。

 

私たちも体験(出血)

1.28週でおしるしが出たと思ったら、高位破水で入院になりました。退院できた後に再度おしるしが出て、それから陣痛まで約1ヶ月間があきました。
実際、陣痛もなかなかスムーズにいかず促進剤を使ったものになり、なかなか予想できない展開になってしまいました。

2.28週5日で破水、入院をして点滴を受けました。2日で外れてほっとしたのもつかの間、かなり出血があり先生には「おしるしかな」と言われました。
羊水もほとんどなく、陣痛がすぐ起きても良い状況ですが、まだ待っている状態です。お腹の張りと腹痛そして腰痛は変わらずあります。

3.排便をしたら出血があり、子宮頸管も短くなっていたので即入院になりました。4日間入院している間、薬も効いて頸管も落ち着いてきていますが、排便のたびにおりものに血の筋が出ている状況です。おしるしなのでは…?と気が気ではないです。

 

おりものが生臭い、こんな時は受診しましょう

出産が近づくにつれ分泌量が増えていくおりものですが、28週頃は、白っぽく半透明なのが正常。もし色や匂いなど普段と違うものが見られた時は要注意です。

妊娠中は免疫力が低下するため膣内が細菌感染しやすい状況でもあり、おりものに異常が表れやすいもの。特に、絨毛膜羊膜炎は感染症から膣炎、子宮頚管炎と炎症が広がってしまい、子宮口を広げてしまうことに。

卵膜を溶かす酵素も作り出すことから破水もしやすくなり、早産の原因にもなっています。悪臭がしたり、黄緑色や灰色のようなおりものが出るなどした場合、なんらかの病気にかかっている事が多いのですぐに病院へ。

 

私たちも体験(茶おり、おりものの変化)

おりものを観察することは、早産をふせぐことにもつながります。この時期の茶おり、他おりものの変化を見てみましょう。

茶おり

1. 切迫流産のため入院していますが、2日連続で茶褐色のおりものが出ます。シミがつくような感じで少量、点滴を受けているので痛みもお腹の張りもないのですが、28週で茶おりは普通なのでしょうか。看護師さんは「赤い血でなければ大丈夫」と言っています。

2. 7ヶ月に入った時に一度、茶おりが出て受診しました。その時は出血の場所も分からなかったので安静に、とだけ言われましたが8ヶ月に入った今、また茶おりが出始めました。下着につくほどで少ないです。お腹の張り、痛みなどもなく胎動も変わらずですが、なぜ茶おりが出る?!

おりものの変化

1.最近ずっと黄色いおりものが出ているので、診察時に聞いてみると「おりものは変化するものだから心配ない」とのこと。おりものシートを使用して、シャワーなどで清潔にしているつもりですが、かゆい時もあって気になります。

2.トイレで、おりものが薄黄緑になっていることに気がつきました。量もたくさん出て、かゆみ、おなかの張りも感じたので病院で診察を受けると、カンジダにかかったことが判明。

 

私たちも体験(赤ちゃんの様子)

29w-3

ほぼ生殖器も完成に近づき、エコーなどでママの目からも確認できるようになります。体が大きくなるため全身は映らなくなりますが、手を動かしたりまばたきをする様子が見れるようになりますよ。

1. 28週ですが、まだ性別が分かりません。普段はよく動いて胎動も感じやすいのですが、検診の時になると股を閉じてしまったり、へその緒を股のところに挟んでしまったりとなかなか映るチャンスがないんです。2Dエコーで見てもらってますが、いつも顔はバッチリ見えます。

2. 26週の健診の時、逆子になっていると言われました。でも、まだよく動く時期だから様子を見ましょうとのことであまり心配しすぎないことを心がけました。ただ、28週に入ってもまだ逆子のままということが判明、さらに首にへその緒が絡んでいるようです。9ヶ月まで様子を見て、逆子のままであれば帝王切開も視野にとのことでした。

3. 2Dエコーで見ると、赤ちゃんの表情はおろか、顔のパーツがどこにあるか分かりません。目は骸骨のようだし、鼻や口もついているのか?角度の問題なのかもしれませんが、分からなくて不安で、これは普通のことなのか先生に聞いてしまいましたが、何も心配いらないとの答えでした。

赤ちゃんが眠っているときは心拍数が低いことも

この時期の赤ちゃんの心拍数は、1分間に140~160bpmほど。動くとさらに早くなり、眠っている時は少し遅く打つのが通常です。

 

私たちも体験(心拍)

1. 心音を聞く機械で測ってもらうと180bpmもあり、「赤ちゃん動いてたのかもね」と助産師さんから言われました。
念のため心臓の検査を時間をかけてやっていただきましたが、そのあとも178bpmとあまり下がらず。「時間帯によって心拍数が違うから大丈夫」という答えでほっとしました。

2. 28週5日でお腹の張りが強いため入院中の身です。1日1回NSTをして、張り具合と赤ちゃんの心拍数も測ってもらっていますがいつもはだいたい140~150bpmほど。
時々、180近くになったり、130に下がることも。測っている30分の間にいろいろ変わるので驚きますが、赤ちゃんがお腹の中で動き回ると数値も上がったり下がったりめまぐるしく変わるようです。

3. 以前エコーを撮ってもらった時は、赤ちゃんが動きすぎてうまく測定できなかったのですが、今回はじっとしたまま。
20~30分いつもより長い時間をかけて測定してもらいましたが、手足を一度伸ばして、また縮めてくらいの動きしかなく、もしかして寝ていたのかも?心拍数もいつもよりゆっくりめでしたがきちんと打っていたので、正常ですと言われました。

 

私たちも体験(胎動)

お腹を内側から蹴っているのが分かる、逆に横にならないと感じづらいなど、胎動はママが赤ちゃんの健康を肌で知るひとつの物差し。皆さんどれくらいの胎動の強弱を感じていたのでしょうか。

胎動激しい

1.最初は横になるとポコポコ、と感じる程度の胎動でしたが、28週の今はドドッ!ドンドン!!くらい激しくなりました。散歩している時、料理をしている時など、どんな状況でも感じます。

2.胎動が激しくなり、蹴られると痛いと感じるようにもなりました。しかも横向きに寝ると脇腹あたりがけいれんしたようにビクビクッ!と動きます。しゃっくりした時などはこんなふうになると聞きましたが最初はびっくりました。

胎動無し、受診

1. 前日まではよく動いていたのに、急に胎動が弱くなりました。健診日まで3日だったので微弱のまま不安に過ごしていましたが、先生に「赤ちゃんが逆子になっている時は弱くなるよ、でも胎動が感じないと思ったら必ず連絡を入れるように」とクギを刺されました。

2. 検診の2~3日前から胎動がほぼ感じられなく、心拍は聞き取れたので順調と思っていたのですがその後胎動がなくなってしまいました。
診察してもらうとすでに心拍は止まった状態でした。診察時、先生も異変には気が付かなかったようですが、あの時胎動が少なくなったともっと相談していれば良かったと後悔ばかりです。

羊水量を適正に保つ為に、ママの体重管理はしっかりと!

羊水は人により800mlと最大量にまで増えます。ただこの時期の平均的な羊水の量は300~400ml。500ml以上は羊水過多、平均を下回ると羊水過少となってしまいます。

気をつけたいのは、体重が急激に増えると妊娠高血圧症候群、糖尿病などを招きやすく、それに伴って羊水もさらに多くなるということ。赤ちゃんの消化管の機能がうまく働かなくなったり、ママの体も早産や破水なども招きやすくなることから体重コントロールを意識していきたいですね。

 

胎児は外界で生きるための機能が備わる時期ですが、早産には注意を

29w-4

28週目まで来ると赤ちゃんの体重は1000gを超えてくることが多く、早産になっても嬉しいことに生存率も95%以上に上がってきます。まだ完全には機能しませんが、自分で肺に息を吸い込んだり体温の調整もできるようになるからですね。

ただし、1,500g未満の場合は、胎児の機能はまだまだ未熟な段階なので新生児仮死、呼吸窮迫症候群などの合併症を起こしやすくなります。同じ早産でも、29週、30週と週を追うごとに生存率は上がり、後遺症が残る率は下がります。

やはり早産で生まれると障害はほとんど見られないものの脳や内蔵等はやはり未熟な状態なので、NICU設備のある病院に入院ということになります。

まとめ

妊娠8ヶ月に入り、出産に向けて着々と体が変化を見せていく頃。安定期に比べると少し動きづらいと感じることもあるでしょう。ただ赤ちゃんを迎える準備期間として、少しペースは抑えつつ運動をしたり、母子学級などにも積極的に参加できると良いのではないでしょうか。

ベビーベッドや新生児用のおむつ、肌着はもちろん、おしり拭きなど細かい小物なども今のうちに用意しておきましょう。まだまだ仕事を頑張れる!と奮闘するママも、お腹が大きくなることや後期つわりで体に負担をかけすぎると赤ちゃんに伝わってしまうので、無理なく産休に入れるようにしたいものです。

出歩く際には、意外にもかかとのないフラットシューズよりも、3cmほどのヒール付きのほうがバランスも取りやすく歩きやすいそうなので、お気に入りの物を探してみて下さいね。

 

 

 

元気な赤ちゃん生むために、
お母さんが今しておくべき2つのコト

元気な赤ちゃんを生んだ、新ママたちが実践していた健康方とは。

-週別まとめ

Copyright© 【プレママちぇっく!】妊娠週で分かる、悩みや症状、心構え , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.