妊活中から妊娠中、そして授乳期に至るまでの様々な悩みを解決!元気な赤ちゃんを産むための妊婦さん専用サイトです。

【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト

葉酸サプリメント 葉酸サプリ特集

厚生労働省が葉酸サプリを推奨しているのは本当!?真実に迫る!

投稿日:2017年9月14日 更新日:

「妊娠したら飲むと良いよ!」と言われている葉酸サプリですが、一体どうして良いと言われているのでしょうか?

ネットとかでいろいろ調べみると、何やら厚生労働省が勧めているようだということが分かりました。

でも、「これってサプリメントを売るために、誰かがウソをついているんじゃないの?」なーんて、疑っちゃいますよね。

今回は本当に厚生労働省で葉酸サプリを推奨しているのか、真実に迫っていきます!

厚生労働省が葉酸サプリを勧めているって本当?

厚生労働省(厚生労働大臣)が葉酸サプリを勧めているのは『本当』です!

国で正式に認められています。

でも、なぜ厚生労働省が妊婦さんに葉酸サプリを勧めているのでしょうか?詳しく見て行きましょう。

そもそも厚生労働省ってどんなところ?

厚生労働省とは、国民生活の保障・向上、経済の発展を目指すにあたって、以下の

  • 社会福祉
  • 社会保障
  • 公衆衛生の向上・増進
  • 労働者の労働環境の安全等

に取り組んでいる国の機関です。そのため、子供・子育てに関する政策の一環で、母子保健関係にも携わっています。

報道発表資料にて妊婦の葉酸摂取に関する文書が出されている

ここからいよいよ本題に入っていきます。

先ほど妊婦さんに葉酸サプリを推奨していることは「本当です」と言いましたが、言われただけじゃ納得がいかないですよね。

安心してください。

実は、しっかりと報道発表資料にて平成12年12月28日に文書が出されています。

内容は下記の通りです。

妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要であること。

 なお、野菜を350g程度摂取するなど、各食品について適正な摂取量を確保すれば、1日0.4mgの葉酸の摂取が可能であるが、現状では食事由来の葉酸の利用効率が確定していないことや各個人の食生活によっては0.4mgの葉酸摂取が困難な場合もあること、最近の米国等の報告では神経管閉鎖障害の発症リスク低減に関しては、食事からの摂取に加え0.4mgの栄養補助食品からの葉酸摂取が勧告されていること等の理由から、当面、食品からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害の発症リスクが集団としてみた場合に低減することが期待できる旨情報提供を行うこと。

出典:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進についてhttp://www1.mhlw.go.jp/houdou/1212/h1228-1_18.html#no3

文書では栄養補助食品となっていますが、これはサプリメント等のことを指します。

そのため、厚生労働省が妊婦さんに葉酸サプリを推奨しているのは本当のことなんですよ。

どうして厚生労働省が妊婦さんに葉酸サプリを勧めるに至ったのか

本当に厚生労働省が、妊婦さんに向けて葉酸サプリを推奨しているということは分かりましたね。

でも、そもそもどうして妊婦さんへ葉酸サプリを摂取するように呼び掛け、推奨するようになったのでしょうか?

その理由は『深刻な妊婦さんの葉酸不足』にあります。

通常、妊娠前~妊活当たりは240㎍程度(女性の平均摂取推奨量)、妊娠初期からは葉酸を480㎍摂取しなければいけないと厚生労働省の栄養摂取基準で定められています。

しかし、葉酸という栄養素は食事から摂取出来るポリグルタミン酸型葉酸では体内に吸収されません。

きっちり420㎍を摂取したとしても、実は半分以下しか吸収されていないなんてことになるんです。

その結果、多くの妊婦さんが葉酸不足に陥り、胎児が神経管閉鎖障害を引き起こす問題が深刻化してきました。

そこで、足りない葉酸を補うためには、栄養補助食品(サプリメント)等から摂取する必要が出てきたのです。

≪関連リンク≫
妊娠する前、妊娠中におすすめ出来るサプリについて、下記ページでさらに詳しく紹介しています。
ぜひ合わせてお読みください。
>>プレママが飲むべきサプリって何?
>>妊娠中に飲むサプリメントのおすすめは?選ぶ基準をチェック!

厚生労働省が勧めている葉酸サプリはどんなやつ?

ここで問題になってくるのが、「どの葉酸サプリを飲めば良いのか」と言う点です。

葉酸サプリには非常にたくさんの種類があり、一見どれも同じように感じますが、じつは中には妊婦さんが飲むのに適していないものもあります。

間違った葉酸サプリを選ばないように、ここで一度妊婦さんが飲むべきサプリの基準を押さえ、基準をクリアしている葉酸サプリは何なのかを見ていきましょう。

葉酸の含有量や種類について

上の厚生労働省の文書でもお伝えしたように、葉酸の含有量は400㎍をクリアしている葉酸サプリが好ましいです。

また、厚生労働省で勧めている葉酸の種類は、モノグルタミン酸型葉酸と呼ばれる合成葉酸のことです。この合成葉酸は、サプリメント等からでなければ摂取することが出来ず、食事から摂取することが出来ません。

しかし、食事から摂取することが出来る天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)よりも吸収効率が良いため、厚生労働省ではこの合成葉酸を摂取するように推奨しているんですよ!

そのため葉酸サプリを用いれば、食事から葉酸を摂取する方法よりも効率的に、効果的に葉酸を摂取することが出来るんです。

サポート成分が充実している

妊娠中には、葉酸の他にも摂取しておきたい栄養素がたくさんあります。妊娠中に摂取しておきたい代表的な栄養素は下記の通りです。

  • 鉄分
  • カルシウム
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC

これらは妊娠中のお母さんの貧血予防やつわりの改善、そして胎児の成長には欠かせない栄養素であるのに対し、中々基準摂取量をしっかり摂るのが難しい栄養素です。

最低でも、これら5の栄養素がサプリメントに含まれている必要があります。

危険な添加物が無いかどうか

妊娠中に添加物が良くないのは、多くの方がご存知だと思います。

サプリメントには妊婦さんが飲むものとしてどうなのかと、頭をかしげるぐらい怪しい添加物が含まれているものもあるため、購入する際は要注意です。

妊婦さんが摂取すると危険な添加物としては、下記のようなものがあります。

  • 甘味料(アスパルテーム・ステビア)
  • 着色料(コチニール色素、赤色1号、黄色2号、黄色5号、カラメル色素)
  • 保存料(パラオキシ安息香酸イソブチル、パラヒドロキシ安息香酸イソブチル)
  • 酸化防止剤(ジブチルヒドロキシトルエン、エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム)
  • 粘着剤(ポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム)
  • 賦形剤(マルトース、麦芽糖)
  • 発色剤
  • 防カビ剤
  • 乳化剤

なるべく葉酸サプリメントを購入する際は添加物の表記を注意して見るようにしましょう。

GMP認定工場での検査を受けているか

GMPとは適正製造規範の略称で、原材料から製造、そして出荷するまでの過程において、安全に作られているかどうかの基準のことを言います。

もちろん、この基準の中には放射能の検出の有無や農薬の反応の有無が含まれています。

妊娠中に飲むということは、胎児にも直接影響してきますから、きちんと検査されているサプリメントを選ぶことが大切ですよ。

基準をクリアした葉酸サプリは何?

上記の基準をクリアしているサプリの中でもっともオススメできるのは、ベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリ

このベルタ葉酸サプリは、上記で紹介した条件の他にも妊婦さんに嬉しい要素がたくさん詰まっています。嬉しい要素としては下記の3つ。

DHA・EPAが含まれている

美容成分が配合されている

購入後のサポートが豊富

DHA・EPAは赤ちゃんの脳の発達に働くという研究結果が出ており、多くのお母さんの間で大注目の栄養素です。

ベルタ葉酸サプリには、プラセンタや燕の巣、コラーゲン、珊瑚カルシウム、ヒアルロン酸、黒酢もろみの6種類を配合しています。

ベルタサポートスタッフという相談窓口があり、電話やメールにてサプリについてはもちろん、妊娠中の悩みや産後の育児についてまで相談することが出来ます。

中々他の葉酸サプリには見られない非常に魅力的な要素です。

他の葉酸サプリであれば、余計な添加物が入っていたり、必要な栄養素が配合されていなかったり、中にはちゃんと検査をしていないものまであります。

しかしベルタ葉酸サプリであれば、厚生労働省の基準をクリアしている安心のサプリメントです。

ぜひ『元気な赤ちゃん』を出産するためにも、試してみてはいかがでしょうか?

危険!厚生労働省はこんな葉酸サプリを推奨していない!

先ほどちょっとだけ触れたように、葉酸サプリの中には頭をかしげてしまうぐらい不安な要素が詰まっている葉酸サプリが存在しています。

では怪しい葉酸サプリなのかどうかを見分けるポイントとしてどんなポイントがあるのでしょうか?ご紹介していきたいと思います。

天然の葉酸と謳っているのは実は危険!

上でもお話ししたように、天然の葉酸は吸収率が悪く、厚生労働省では『合成葉酸』を摂取するように勧めています。

よって、天然葉酸を含有させているサプリメントは飲んでも、十分に葉酸を摂取することは出来ません!しっかりと合成葉酸を使っている葉酸サプリメントを選ぶようにしましょう。

『天然』と言えば聞こえは良いですが、なんでもかんでも『天然』が良いわけではないので要注意ですよ!

葉酸量が400㎍を越えている!

いくら葉酸が良いからと言って、人の耐久摂取量を越えた葉酸の過剰摂取は危険です。

たまに葉酸800㎍配合なんていうサプリメントを見かけますが、厚生労働省は栄養補助食品から800㎍を摂取してくださいなんて言っていませんよね。

また妊娠後期になると、葉酸の過剰摂取で子供が喘息になる確率が上がると言われています。もちろんこれは葉酸を『過剰に摂取』したことが原因。

実際研究データでは、妊娠30週から34週の間に葉酸を1000㎍摂取した場合に喘息の発症確率が上がったというものです。

従って、しっかりと400㎍の含有量を守られている葉酸サプリを選ぶことが大切です。

何から栄養素を抽出しているのか分からない

サプリメントの中には原材料の表記がなく、ただ栄養素だけ書かれているサプリメントがあります。

これでは、何の原材料を使って栄養素を抽出しているのか分かりませんよね。

しっかりと使われている野菜や食材名が書かれていることも、安全な葉酸サプリメントを選ぶ基準となります。表記を注意して見るようにしましょう。

ビタミンAやヨウ素が過剰に含まれている

このビタミンAやヨウ素を妊娠中に過剰摂取すると危険なのは有名です。

ただし、摂取しなければ良いというものでもなく、お母さんの健康維持や胎児の成長には欠かせない栄養素です。

あくまでも『過剰摂取』をしてはいけないということです。

したがって、必要以上にビタミンAやヨウ素が入っているものには気を付けなければいけません。

厚生労働省と葉酸サプリまとめ

厚生労働省で葉酸サプリメントを推奨しているということは『本当』でしたね。

妊婦さんにとって、葉酸はサプリメントから積極的に摂取していかなければいけないんです。

しかし、葉酸サプリメントの中には危険なものも混ざっているため、しっかりと選択基準を満たした葉酸サプリメントを飲むことが大切です。

ぜひ適切な葉酸サプリメントを試して、『元気な赤ちゃん』を産むための準備をしていきましょう。

元気な赤ちゃん生むために、お母さんが今しておくべき2つのコト


元気な赤ちゃんを生んだ、新ママたちが実践していた健康方とは。


-葉酸サプリメント, 葉酸サプリ特集

Copyright© 【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.