葉酸サプリメント 葉酸サプリ特集

マタニティサプリメントの選び方!おすすめはどれ?

投稿日:2017年9月13日 更新日:

マタニティサプリメントとは、簡単に言えば「妊娠中に摂っておきたい栄養素が凝縮されているサプリメント」のことを言います。

一般的によく見かけるのは葉酸サプリメントですね。この葉酸サプリメントは様々な先輩ママさんが試していたり、雑誌やテレビを通じて幅広く知られていることから、非常に知名度が高いかと思います。

でも、葉酸サプリメントって意外とたくさんあるんですよ。

そこで今回は、「どれがいいのか分かんない!」というプレママに向けて、マタニティサプリメントと呼ぶにふさわしい葉酸サプリメントを紹介していきたいと思います!

マタニティサプリの選ぶ基準って何?

ではどんな基準でマタニティサプリ、すなわち葉酸サプリメントを選んでいけば良いのでしょうか?選ぶべき条件は下記の5つになります。

  1. 葉酸が400㎍入っているかどうか
  2. 鉄分・カルシウム・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンCが配合されているか
  3. 粒の大きさや臭いが気にならないか
  4. 危険な添加物が添加されていないか
  5. 国に認められたGMP認定工場でしっかりと検査されているのか

以上の5点になります。では1ずつ詳しくみていきましょう!

葉酸が400㎍含まれている必要がある

マタニティサプリに求める条件として、第一に葉酸の含有量が400㎍配合されているという基準を満たしている必要があります。

どうして400㎍なのかというと、厚生労働省がサプリメント等から摂取して欲しいと言われる葉酸の推奨摂取量が400㎍だからなんです!

これは食事からも葉酸を摂取することが考えられている一番適した量であり、400㎍を過剰に超えてもいけないですし、逆に下回ってもいけないちょうどいい含有量になります。

そして、さらに注目したいのはモノグルタミン酸型の葉酸かどうかということ。

モノグルタミン酸型葉酸というのは合成葉酸のことで、通常食事から摂取できるポリグルタミン酸型葉酸よりも体内吸収効率が85%と非常に良いものとなっています。

「でも、合成って何だか危なそう…」

大丈夫です。厚生労働省が推奨しているのは合成葉酸の方なので、心配する必要はありません。

鉄分・カルシウム・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC配合の有無

これらのミネラル・ビタミンは妊娠に置いて非常に大切な栄養素です。それぞれ妊娠に対してどんな効果を発揮してくれるのか下記表にまとめてみたので、ご覧ください。

鉄分

貧血防止・改善・緩和

カルシウム

赤ちゃんの骨の形成・将来的に妊婦が骨粗しょう症になるリスクを低減する

ビタミンB6

つわり症状の緩和

ビタミンB12

葉酸やミネラル分の吸収を助ける

ビタミンC

葉酸やミネラル分の吸収を助ける

どれも妊娠中には欠かせない栄養素であることが、お分かり頂けたでしょうか?

これらが含まれていることはマタニティサプリを選ぶときに非常に重要になってきます。

粒の大きさや臭いはどうか

一見これはあまり関係ないように思いますが、実はマタニティサプリを選ぶときに欠かせないポイントなんです。

確かに「一瞬口に入れて飲み込むだけだから大丈夫でしょ!」と思われがちですが、実はつわり時には「絶対無理!」とサプリメントを受け付けなくなってしまうことがあるんです。

その理由としては臭いが主に原因となります。よく妊娠したら旦那の臭いが気持ち悪くなった、なんて現象を耳にしませんか?その通りで、妊娠中はささいな臭いにも敏感になり、それが原因で具合が悪くなってしまうことだってあります。

そんなつわりが酷い時にこそ飲んでおきたいのがマタニティサプリなのに、飲めなくなってしまったら本末転倒ですよね。そのため、粒の大きさや臭いは非常に大切な要素となります。

危険な添加物は添加されていないのか

これはお腹の中に赤ちゃんを抱えている身として、非常に気になる部分ですね。添加物は時にお腹の中の赤ちゃんへ悪影響を与えてしまうため、無添加に拘っているサプリメントを選ぶに越したことはありません。

参考までに危険な添加物を下記に記載していますので、参考にしてください。

  • 着色料(コチニール色素、赤色1号、黄色2号、黄色5号、カラメル色素)
  • 甘味料(アスパルテーム・ステビア)
  • 保存料(パラオキシ安息香酸イソブチル、パラヒドロキシ安息香酸イソブチル)
  • 酸化防止剤(ジブチルヒドロキシトルエン、エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム)
  • 粘着剤(ポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム)
  • 賦形剤(マルトース、麦芽糖)
  • 乳化剤
  • 防カビ剤
  • 発色剤

もちろん食品でもあまり摂取することは望ましくない添加物なので要注意です!

GMP認定工場の検査を通過している

GMPとはGood Manufacturing Practice(適正製造規範)の略で、原材料から製造、出荷といった全ての過程において、一定の品質が保たれるようにするための製造工程管理基準のことを言います。

この基準を満たした工場で検査することで、通常の工場で検査されているものよりも、より一層信用して飲むことが出来るんです。

この検査の中には放射脳検査や農薬検査等が含まれているため、母子共に健康へ被害が出ないかといった不安を軽減させてくれますよ。

おすすめのマタニティサプリはこれだ!

それでは、以上の選択基準を踏まえた上で、どんな葉酸サプリがマタニティサプリとして相応しいのか、紹介していきたいと思います!

ララリパブリック

 

葉酸量400μg配合!

Fe・Ca・V.B6・V.B12・V.C配合!

粒の大きさ臭いOK!

無添加処方!

GMP取得あり

マタニティサプリを選ぶ基準の5つ全てを満たしている葉酸サプリメント、それがララリパブリックです。

この葉酸サプリはモデルの山田優さんも愛用していることもあり、葉酸サプリの中でもかなりの人気を誇る商品となっています。

そんなララリパブリックは国産野菜のミックスパウダーを配合し、鉄分やカルシウムのほかにもたくさんの野菜の栄養素を摂取することが可能なんですよ。

そのため、マタニティサプリメントでお悩みの方はぜひこのララリパブリックを購入して使ってみてください。

ベジママ

 

葉酸量400μg配合!

V.B6・V.B12・V.C配合!

粒の大きさ臭いOK!

一部添加物の使用あり!

GMP取得あり

ベジママは妊活の雑誌や『ココマガ』『ルナルナ』といった、情報サイトやアプリ等でも紹介されることの多い葉酸サプリ。

妊婦さんが摂取したほうが良いとされている葉酸量の400μgをベジママだけで補えるので、葉酸の摂取はベジママだけで済ませることが可能です。

ただ、鉄分やカルシウムといった成分がベジママには含まれていないので、普段の食生活や他のサプリ等で摂取する必要があることには注意してください。

ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ

葉酸量400㎍配合!

Fe・Ca・V.B6・V.B12・V.C配合!

粒の大きさ臭いOK!

無添加処方!

GMP取得あり!

ベルタ葉酸サプリはマタニティサプリの基準を全てクリアした、人気の葉酸サプリメントです!

条件を全てクリアしているだけではなく、購入後のサポートも非常に充実。

ベルタにはベルタサポートスタッフと呼ばれる先輩ママさんで構成されたチームが存在し、電話やメールでサプリのことについて、そして妊娠中や育児の悩みについて相談することが出来ます。

妊娠中の方を全力でサポートしてくれる部分が非常に魅力的で、様々なお母さんから注目を浴びている人気の葉酸サプリメントなんです。

美的ヌーボプレミアム

美的ヌーボプレミアム

葉酸量400㎍配合!

Fe・Ca・V.B6・V.B12・V.C配合!

粒の大きさが大きい…

無添加処方!

GMP取得あり!

次におすすめしたいのが美的ヌーボプレミアムです。これは最近だと平愛梨さんが飲んでいたというサプリメントで有名になりましたね。

美的ヌーボプレミアムもベルタ葉酸サプリと同じく含まれている栄養素をクリアし、無添加処方でGMPを取得している安心の葉酸サプリです!1つだけおすすめ出来ない部分としては、粒の大きさが結構な大きさであるという点。

美的ヌーボプレミアムの粒の真ん中にはへこみがあり、割って飲むことは出来るのですが、割るのが手間だという方にはちょっとおすすめ出来ないかもしれません。

ただ、この粒の大きさを除けばベルタ葉酸サプリと同様にマタニティサプリとしてふさわしい葉酸サプリですよ!

オーガニックレーベル

オーガニックレーベル

葉酸量400㎍配合!

Fe・Ca・V.Cの配合がない…

粒の大きさ臭いOK!

無添加処方!

GMP取得あり!

続いておすすめしたいのはオーガニックレーベルです。

こちらは鉄分・カルシウム・ビタミンCを含んでいないという点を除けば、全てクリアしている葉酸サプリになります。せっかく、そのほかの条件はクリアしているのに、鉄分・カルシウム・ビタミンCが含まれていないのはちょっと残念ですよね。

でも、「とりあえず葉酸が取れれば私はOK」というプレママには大いにおすすめ出来る葉酸サプリです。全てを含んでいないという点が、逆にオーガニックレーベルの強みになっています。

プレミン

プレミン

葉酸量400㎍配合!

Fe・Ca・V.B6・V.B12・V.C配合!

粒の大きさ臭いOK!

光沢剤の使用あり

GMO認定取得!

プレミンは株式会社ゲンナイで出しているもので、添加物以外の項目をクリアしています。

また使用されている光沢剤もシェラックと呼ばれる健康被害の報告が無い安全なものを使用しているので、特段気にする必要はないでしょう。

このプレミンの最大の特徴はやはり、格闘家の魔裟斗さんと矢沢心さんご夫妻が使用しているところでしょうか。

やはり、有名な方が使用していると信頼性が高まるというものです。

価格も他の葉酸サプリと比べると安いので、手が出しやすい葉酸サプリではないでしょうか。

AFC葉酸サプリmitete

AFC葉酸サプリmitete

葉酸量400㎍配合!

Fe・Ca・V.B6・V.B12・V.C配合!

粒の大きさ臭いOK!

一部添加物の使用あり

GMO認定取得!

AFC葉酸サプリmiteteは株式会社AFCで出されている葉酸サプリ。添加物以外の選択基準をクリアしている優れた葉酸サプリです。

ただ添加物といっても、健康に被害が及ぶほど配合されているわけではありません。

しっかりと、配合基準をクリアしているサプリメントとなります。ただ、「妊娠中だから…」と気になる方にはおすすめ出来ないでしょう。

エレビット

エレビット

葉酸量800㎍配合!

Fe・Ca・V.B6・V.B12・V.C配合!

粒の大きさ臭いOK!

一部添加物の使用あり

GMO認定取得!

エレビットは、たくさん栄養素が非常に多く詰まっている葉酸サプリです。

日本だけでなく、日本の他にも世界62ヵ国で愛されているサプリメントなので、非常に信頼性が強くなっています。

ただ1点だけデメリットを上げるとするなら葉酸が800㎍配合されているという点でしょうか。

葉酸の耐久摂取量が1000㎍ですから、過剰摂取の心配はありませんが、食事からもたくさん葉酸を摂取する予定の人には向いていないように思います。

どうしても葉酸の摂取が困難な人には、大変おすすめ出来る葉酸サプリですよ!

DHC葉酸

DHC葉酸

葉酸量400㎍配合!

Fe・Ca・V.Cの配合無し

粒の大きさ臭いOK!

一部添加物の使用あり

GMO認定取得!

最後に紹介するのはDHCで販売している、DHC葉酸。

これも葉酸の配合量は基準値の400㎍をクリアし、ビタミンB6・ビタミンB12が配合されているので、ビタミンB群を効率的に摂取出来るサプリメントです。

また、販売価格も安く、一番手軽に手が出せるサプリでしょう。

しかし、鉄・カルシウム・ビタミンCが入っていないので、妊婦さんが飲むにはサポート成分が少ないかなといった印象を受けました。

ただ、「手軽に葉酸を補いたい!」という方にはとてもおすすめ出来る商品ですよ!

なぜマタニティサプリを飲む必要があるの?

そもそもどうして、マタニティサプリを妊娠中に飲まなければいけないのでしょうか?

その理由は、日本の妊婦さんの葉酸不足が深刻してしまったことで、葉酸をしっかりと取り入れる必要性が出てきたからなんです。

ここでは、葉酸不足になってしまう理由と、葉酸を補わないとどんなリスクが伴うのか紹介していきます。

葉酸不足が深刻なのはどうして?

そもそも葉酸とはビタミンB群の一種で、ブロッコリーやホウレンソウなどの食品から摂取することが可能です。この葉酸が、通常の女性なら約240㎍、妊娠中の女性であれば480㎍摂取しなければいけません。

しかし、先ほど選択基準でも紹介したように、食事から得られる葉酸の量はほんのわずかで、摂取した葉酸のほとんどが体の中へ排出されてしまいます。

これじゃあせっかく葉酸をたくさん摂取してもまったく意味が無いですよね。

実際食事から摂取できるポリグルタミン酸型葉酸(天然葉酸)の吸収率は50%で、調理の仕方によっては、さらに低くなってしまいます。

当然調理の過程で葉酸も逃げてしまうため、最終的に吸収される葉酸量は非常に少ないでしょう。

これが、葉酸不足に陥ってしまう理由です。

葉酸不足は神経管閉鎖障害のリスクを高める

それでは、この葉酸が不足してしまうとどんな問題が生じるのでしょうか?それは、胎児が神経管閉鎖障害を引き起こしてしまうリスクが高くなってしまうということです。

この神経管閉鎖障害というのは、神経管が塞がらないことで脊髄や脳が正常に働いてくれなくなってしまう疾患のことです。

この神経管閉鎖障害によって引き起こされるのが、二分脊椎症と無脳症。二分脊椎症は神経管の下部分が塞がらないことにより発症するもので、様々な神経障害が起こります。

そして、無脳症はその名前の通り脳が正常に作られないというもの。

そのため、脳以外の臓器だけ成長してしま、最終的に生きていくことが難しくなり流産という形になる割合が高まってしまいます。

このような事態を引き起こさないめに、葉酸の摂取が非常に重要となってくるわけなんです。

実際に厚生労働省では神経管閉鎖障害を問題視しており、妊婦さんに積極的に葉酸を摂るように呼び掛けています。

また、最近では先天異常学会でも葉酸の大切さを訴えているため、無視できない栄養素となってきました。

厚生労働省が葉酸を推していることについては、こちらの記事も参考に御覧ください。
>>厚生労働省が葉酸サプリを推奨しているのは本当!?真実に迫る!

葉酸不足は妊婦さんの健康異常にも繋がる

葉酸は胎児だけでなく、母の健康状態にも大きく働きます。

そもそも葉酸が体に対する働きは血行促進や細胞の再生に関わっています。この血行促進の働きによって、赤血球の強大化によって引きおこる巨大芽性貧血を予防します。

『貧血』と聞くと鉄分が一番思い浮かびますが、葉酸不足からも貧血は引き起こされるのです。

事実、立派な赤血球を作るためには鉄分も必要なのですが、葉酸も一緒に働くことでやっと作り上げられます。

そのため葉酸はお腹の中の赤ちゃんだけでなく、お母さんの貧血防止のためにも働く、母子両方に大切な栄養素なんです。

 

マタニティサプリはどれだけの期間飲めばいいの?

ではマタニティサプリはどれだけの期間飲み続けたら良いのでしょうか?

基本的にマタニティサプリは妊娠初期から授乳期が終わるまで飲むと良いとされています。

しかし期間によって葉酸の必要摂取量が変わってくるため、今回は、

  • 妊活期
  • 妊娠初期~妊娠中期
  • 妊娠後期
  • 授乳期

以上4つの期間に分けて見てみましょう。

妊活期の摂取量は?

妊活期は妊娠する体を作る時期ですから、積極的に葉酸を摂取していくことが大切です。

一般的なマタニティサプリ、つまり葉酸サプリは400㎍の葉酸が含まれているので、半分の量を目安に摂取していくと良いでしょう。

というのも、一般女性の葉酸摂取量は大体240㎍です。

食事からも葉酸を摂取すると考えれば、サプリから摂取する葉酸の量は200㎍程度が適量だと言えます。

妊娠初期~妊娠中期の摂取量は?

妊娠してからは、いよいよ本格的に葉酸を摂取することが大切になってきます。妊娠中の妊婦さんの葉酸摂取量は480㎍ですから、サプリから摂取する量は400㎍が適正です。

何度も言いますが、厚生労働所が栄養補助食品(サプリメント等)から摂取することを推奨している量が400㎍ですから、しっかり適量摂取に努めましょう。

妊娠後期からの摂取量は?

妊娠後期も葉酸の摂取推奨量は400㎍です。妊娠後期と一緒ですね。ただここで注意して欲しいのは過剰摂取です。

妊娠後期、特に妊娠30週目~34週目の間に葉酸を1000㎍摂取してしまうと、喘息になるリスクが高まると言われています。あくまでも過剰摂取した場合です。

後期からは出血の頻度が多くなりますから、葉酸は必要不可欠。しっかりと基準の摂取量を守って葉酸を摂るようにしましょう。

授乳期の摂取量は?

「え?出産後も必要なの?」と思っている方もいるでしょう。その通りです。

葉酸の摂取は出産後も気が抜けません。

というのも、肥立ちの良さや赤ちゃんに飲ませる母乳に関わっているからです。母乳はもともと血液なんですよ!

そこで、どのくらいの葉酸を摂取すれば良いのかというと、一般的に目安としては340㎍と言われています。

サプリから摂取するのであれば、300㎍~400㎍と言ったところでしょうか。その日の食事内容と照らし合わせて、うまく合わせていきましょう。

≪関連リンク≫
妊娠中に摂取するサプリメントについては、下記の記事でも紹介しています。
>>妊娠中に飲むサプリメントのおすすめは?選ぶ基準をチェック!

マタニティサプリまとめ

マタニティサプリと呼ばれる葉酸サプリは、まだまだ日本の女性の間での知名度が低く、妊娠してからやっと気づいた人や、出産間近になってから知る人も珍しくありません。

でも、葉酸サプリは妊婦さんには欠かせないものであり、『元気な赤ちゃん』を産むためには必要不可欠なものです。

ぜひ、元気で健康な赤ちゃんを出産するためにも、葉酸サプリを試してみてはいかがでしょうか。

元気な赤ちゃん生むために、お母さんが今しておくべき2つのコト


元気な赤ちゃんを生んだ、新ママたちが実践していた健康方とは。


-葉酸サプリメント, 葉酸サプリ特集



Copyright© 【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.