妊娠週別に「症状」「よくある悩み」「心の持ち方」を解説した妊婦さん専用サイトです。

【プレママちぇっく!】妊娠週で分かる、悩みや症状、心構え

基本知識

妊娠悪阻が起こる時期、治まる時期。

投稿日:

妊娠すると、多くの人に現れる悪阻(つわり)ですが、人によっては症状も酷く、動く事も出来ない程だと言います。

この悪阻、実は妊娠悪阻と言って重症化してしまうケースもあるんですよ。妊娠したら知っておきたい、妊娠悪阻について詳しく解説していきます。

悪阻(つわり)とは何が原因で、どんな症状が出るのか

まずは悪阻の原因や症状等を、詳しく見てみましょう。

つわりを起こす原因(要因)は妊娠ホルモン?

つわりが起こる根本的な原因は、現在まだはっきりとは解明されていません。

妊娠に際して分泌されるホルモンのバランスによるものだと言う説や、子宮内で成長していく胎児を体が異物として認識して免疫作用として起こると言う説が有力視されています。しかしどれも、科学的に証明されている訳ではないのです。

「つわり」にはどんな症状がある?

一口に「つわり」と言っても、その症状には様々なものがあります。

食べづわり(常に食事をしていないと気持ち悪くなってしまう)

吐きづわり(何か口に入れると気持ち悪くて吐いてしまう)

眠りつわり(異常なまでの眠気に襲われる)

においつわり(においに異常に敏感になる)

よだれつわり(よだれが止まらない)

こういった症状が、代表的なつわりと言われています。しかしこれ以外にも、イライラや頭痛、下腹部痛等と言った症状が出る事もあります。

こうした症状が出ても日常生活を送れる程度であれば問題ありませんが、つわりによって動けなかったり水も飲めなかったりと、その症状が重症化してしまうときがあります。この状態を「妊娠悪阻」と言って、管理入院が必要になるケースも出てきます。

一方で、全くつわりのない人もいるんですよ。つわりの症状は本当に人それぞれなんですね。

妊娠中の悪阻、いつまで続く?二人目の時は?

日常生活にも大きく影響してくるつわりですが、一体いつまで続くものなのでしょうか。

また二人目妊娠の際のつわりは、一人目の時と違うのでしょうか。

一般的な「つわり」の時期

つわりは、妊娠5~6週で症状が出始めるケースが大半です。その後8~11週頃がつわりのピークとなり12~16週になると落ち着いてきます。

16週頃になると胎盤が完成してくるため、つわりも治まるのだとも言われます。つまり、約7~9週間程はつわりの症状が出る可能性があるという事なのです。

一人目、二人目で「つわり」に差はアル?

一人目の妊娠の時につわりが軽かったから、二人目妊娠の時もつわりは軽い!という訳ではないようです。

妊娠は一回毎に状況が異なるため、つわりも二人目妊娠時の種類や程度も一人目の時とは全く異なってきます。

一人目妊娠で酷いつわりだった場合でも、二人目はつわりがほとんどなかった、という方もいるんです。ただし二人目の場合には上の子の育児をしながらつわりと付き合っていかなければならないので、基本的には一人目と比べると大変なケースが多い様です。

流産の兆候で「つわり」がなくなるって、ほんと?

妊娠初期は、流産の可能性も高い時期です。

この時期の流産は子宮内で胎児が成長しきれずに亡くなってしまうケースがほとんどですが、この場合母体にはほとんど自覚症状が現れません。しかし、流産を境に少しずつ“つわり”が治まったり、ある日突然“つわり”が治まったと思ったら流産していた…という事も、よくある症状として耳にします。

その反面流産した後でもつわりが続く事もあるので、流産とつわりがなくなる事には、一概に関係があるとは言い切れいようです。

妊娠悪阻とつわりって別物なの?

良く聞く「つわり」と「妊娠悪阻」、これらは一体何が違うのかを解説していきます。

つわりと妊娠悪阻の違いは何か

つわりと妊娠悪阻のメカニズムは、基本的には同じです。

違いとして挙げられるのはそれぞれの重症度で、つわりは酷くても自分で何とかなるレベルですが妊娠悪阻は入院等の治療が必要となってくるレベルです。妊婦全体の、約1~2%は妊娠悪阻となってしまう可能性があると言われています。

妊娠悪阻の症状とは?

一般的なつわりとは違い、妊娠悪阻は嘔吐を繰り返してしまいます。

また症状は1期~3期へとどんどんと重症化してしまい、最悪の場合妊娠継続が出来なくなってしまうことが出たり、母体の生命すら脅かされてしまう可能性がある怖いものです。

妊娠悪阻を診断する3つの基準

大変怖い妊娠悪阻ですが、早めに気付いて治療を受けていく事が大切です。

妊娠悪阻の原因は?

つわり同様、妊娠悪阻の原因はまだ解明されていません。そのため、根本的な治療をしていく事が難しいとされているのです。

妊娠悪阻は3期に分けられる

つわりと違い、妊娠悪阻は3期に分ける事が出来ます。これらの症状が出ていたら、早めに医療機関で治療を受けていかなければなりません。

1期:嘔吐期

一日に何度も嘔吐を繰り返してしまい、食べ物や飲み物を受け付けなくなってしまいます。

そのため栄養不足状態に陥ってしまい、体重が大幅に落ちてしまう事もあります。また水分すら取れない状態の場合には、脱水症状を起こしてしまう事もあるのです。

2期:肝腎障害期

脈拍や血圧が低下し、代謝異常による中毒症状が現れてきます。これによって肝臓や腎臓の機能にまで障害が及んでしまい、入院生活を余儀なくされてしまうのです。

3期:脳障害期

中毒症状が重症化してしまうため、脳機能に障害が出てきます。

めまいや幻覚、記憶喪失と言った症状が現れると、母子ともに大変危険な状態と判断される段階です。最悪の場合、妊娠継続ができなくなる、母体の生命にも危険が及ぶ可能性がでます。

つわりが重症化して妊娠悪阻にならない、日頃の注意点

つわり自体は程度の差があっても、決して楽しくも嬉しくもないものですが、つわりは、妊娠した証でもあり胎児が一生懸命成長しようとしているからこそ現われ、それをママが実感できるもの…と言えますね。だからこそママたちは辛いつわりを何とか乗り切って、可愛い我が子との対面を果たしているのです。

それでは、妊娠悪阻にならないために日ごろから注意する点を下記にご紹介します。

無理をしない…日常生活・家事一般・仕事、なんでもキツイと感じたら休むこと

水分をしっかり摂る…こまめに少しずつが基本

胃腸を健康に保つ…栄養バランス食と消化しやすいものを

体を締め付けない服装をする…赤ちゃんもママも楽ですよ

適度にリフレッシュをする…ストレス発散も大事

周囲に話して、症状を理解してもらう…愚痴ではなく、症状を説明する練習を

こうした事に日頃から注意して、つわりとは上手に付き合っていく必要があります。そして妊娠悪阻にならないために、出来る限りのケアをしていかなければならないのです。

つわりや妊娠悪阻の原因は解明されていませんので、明確な予防法もありません。しかし妊娠が発覚したら上記の様に日々の生活を少しずつ工夫して対処していくと、つわり軽減や妊娠悪阻予防にも繋がるとされているのです。

但し、つわりは我慢しなければならないという訳ではありません。いつもと様子が違ったり、我慢できない症状が続いたりする場合には早めに産婦人科を受診していきましょう。

つわりがキツイ、プレママへ

最後につわりが辛いプレママたちへ、いくつかアドバイスをご紹介します!

仕事を続けたいプレママへのアドバイス

妊娠中も仕事を続けたいと思っているプレママは、妊娠が発覚したらなるべく早い段階で上司へ報告しておく事が大切です。

つわりには様々な症状がありますが、どんなつわりが現れてくるかは分かりません。どの種類のつわりであっても対処ができる様に、予め周囲への理解を求めておくのです。そしてつわりが辛い時には、上司へ相談して休ませてもらう様にしましょう。

また母子手帳交付の際にもらう、母性健康管理指導事項連絡カードを利用して相談していく事も一つの方法です。

医師に自分の状態を伝えるときは具体的に

またどうしてもつわり症状が辛い時には、医師の診察を受ける様にしましょう。この時、体調不良の状態ではなかなか自分の症状を上手く医師に伝える事が出来ません。そのため、日頃から「体調管理メモ」を作成しておくと良いでしょう。

つわりの症状や食事の量、トイレの回数や水分摂取の頻度、頭痛やめまい等、細かくメモしておくと医師にも伝わりやすく効果的です。これらはスマホのメモ帳や妊娠アプリ等でも簡単にメモする事ができますので、自分が一番使いやすい方法を探して利用していきましょう。

1週間のメモから体重が2~3㎏落ちた、水が飲めないなどの状態が認められたら、定期健診を待たず受診するようにしましょう。

まとめ

妊娠悪阻は、つわりが重症化して起こる怖い症状、病気です。

つわりは全妊婦の50~80%が経験しますが、妊娠悪阻は全体の約1~2%程の割合で起こると言われています。しかしつわりや妊娠悪阻の原因は解明されていないため、根本的な予防策は見つかっていないのです。

またつわりにも様々な症状があり、一人目妊娠と二人目妊娠の場合だけを取っても全く違うつわりに襲われる事が多いのです。

つわりはつらいものですが、妊婦の一番最初の関門とも言われています。

お腹の胎児をしっかり育てるために、決して無理をせず周囲に理解を求めていきましょう。そして辛い時には、どの妊婦さんも頑張っているなどと我慢せずに、産婦人科を受診してつわりの悪化を防ぎ妊娠悪阻にならないようにしていきましょう。

-基本知識

Copyright© 【プレママちぇっく!】妊娠週で分かる、悩みや症状、心構え , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.